第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

89.フリテンリーチの扱い(約3分40秒)

オーラスでは特にフリテンリーチをかけてもよい立場とそうではない立場があります。考え方を解説します。

動画固定を解除する
前へ89次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 フリテンリーチをかけた経験が、皆さんにもあるかもしれません。特にオーラスなんですが、どんなときにフリテンリーチをかけていますか。オーラスでフリテンリーチをかけるということは、打点ですよね。安目は要らないから、打点を求めて高目狙いでフリテンリーチをするときがあると思います。

 あるいは、こんなときがあります。

三萬四萬六萬七萬八萬三筒五筒三索四索五索六索七索八索

3・4・5の三色が見えて、八萬がドラなんです。2番手以下で満貫ツモ、跳満ツモで着順が上がっていくという状況のときに、四筒を持ってきたんです。普通であれば当然の手順として、八索を切るんです。3・4・5の目を残しつつ、六索七索が重なることを最大限期待しつつ、という打ち方をしたほうがいいんです。そこに三萬を引いてきた。

 2番手にいるときには、けっこうエネルギーを持っているんです。フリテンリーチをかけたいところなんですが、フリテンにしないで、三萬をツモ切りする。3番手のときや、満貫ツモ、跳満ツモでラス目から3番手になるというときには、フリテンリーチなんです。

 ちょっと言っていることおかしいでしょ。裏ドラさえ乗れば跳満になるんですが、型というか、三色という形を追いかけていい身分と、そうじゃない身分があるんです。2番手のときには、まだ追いかけていいから、テンパイに取らないで、三萬を打って、六索七索の引きを待つという打ち方。でも、ラス目や3番手にいる人がテンパイを壊して、再びまた三色にはならないテンパイをしたら、これはチャンスなんです。三色という形を追わないで済む満貫、跳満のテンパイをしましたから、二索五索八索待ちのフリテンリーチをかける。

 今度はトップ目。トップ目にいるときは、テンパイ取る人もけっこういるんですけれども、やっぱりこれは美しい終わり方をしたほうがいいので、美しく勝つ。負けるときも美しく。八索を打って、三萬を引いてきても、安全に行くという意味ではなく、フリテンリーチや、フリテンのテンパイなんか取らない。あくまでも三色を追いかけて、三萬をツモ切りして、六索七索を引いてきて、二萬五萬の待ちになったらダマに構えないでリーチをかけるというぐらいの一貫性があればいいんじゃないかなと。

 オーラスでフリテンリーチをかけていい立場というのは、ラス目とか3番手の方。条件が適うのであれば、フリテンリーチをかけてもいいんです。2番手とトップ目の方は、オーラスに限りなるべくフリテンリーチをかけないほうが、私はいいと思います。

前へ89次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ