ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

89.フリテンリーチの扱い(約3分40秒)

オーラスでフリテンリーチをかけるときの考え方について解説します。

動画固定を解除する
前へ89次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 オーラスでフリテンリーチをかけるのは、打点を求めているときだと思います。フリテンリーチをかけていい立場というのは、ラス目と3番手の方です。2番手とトップ目の方は、オーラスに限りなるべくフリテンリーチをかけないようにした方がいいです。

三萬四萬六萬七萬八萬三筒五筒三索四索五索六索七索八索

 ドラは八萬です。3・4・5の三色が見えています。満貫、跳満ツモで着順が上がっていく状況のときに四筒を持ってきました。普通は3・4・5の目を残しつつ、六索七索が重なることを期待して八索を切ると思います。そこに三萬を引いてきました。

三萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒三索四索五索六索七索

 トップ目にいるときは、あくまでも三色を追いかけて、美しい終わり方を目指しましょう。三色をテンパイしたならリーチをかけます。2番手ならエネルギーがあるのでフリテンリーチをかけたいところですが、三萬をツモ切りします。3番手のときや、満貫、跳満ツモでラス目から3番手になるときには、フリテンリーチです。

 型というか、三色という形を追いかけていい身分と、そうではない身分があります。2番手のときには、まだ追いかけていい身分ですから、テンパイを取りません。ラス目や3番手の人は、テンパイを壊したにも関わらず、三色がつかずとも満貫、跳満のテンパイをしたのですからチャンスと考え、フリテンリーチをかけます。

前へ89次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ