ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

108.〔牌品高〕への意識が高い(約3分40秒)

牌品高への意識を高め、麻雀道を歩いて下さい。

動画固定を解除する
前へ108次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 麻雀には勝利よりも尊く、一番の目標にしてほしい、牌品高(パイピンカオ)という言葉があります。品格のある麻雀を打ちましょうという意味です。

 相手がいてくれてこその自分という意識を持つと、相手に対して素直に敬意を払えるようになり、感謝の気持ちを持てます。さらには、牌に対しても感謝することで、その気持ちが相手にも伝わります。この意識を持つことで、相手を安心させることになりますし、相手が麻雀を楽しく思ってくれたり、打ちたい気持ちを起こすことにもなります。牌の扱いがきれいに、美しくもなります。

 牌品高というのは、その日、天から与えられている運気に左右されることがありません。自分が意識して、牌品高という言葉を常に頭の中に入れて麻雀をすることによって、構え、ツモって切る、ポンしてさらす、リーチをかけるときに横に曲げる、点棒を払う、点棒をもらう、山を前に出すといったすべての所作、すべての意識、いろいろな要素がプラスに働いていきます。

 そうすることで結果的に万人に愛される打ち手になります。10回打って7回トップを取った人が立派なのではなく、10回とも牌品高の精神で打ち切ることに一番の価値があります。

前へ108次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ