第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

その哲学とは?(土田の麻雀道)

10.目先の利に走らない(約3分30秒)

麻雀は和了することが目的ではありますが、和了りたいからといって目の前のエサに飛びついてしまうとスケールの小さな麻雀になってしまいます。ここでは、大きな視野に立った打ち方のできる麻雀をするための心構えについて解説します。

動画固定を解除する
前へ10次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 目先の利に走らない。なかなかこれも難しいです。麻雀を打っていると、いろいろな欲が出てきますよね。まず、和了りたい欲。次が、親で連荘したい欲。それから、満貫以上の手を和了りたいなという欲も出てくるかもしれません。最も多い欲は、トップを取りたい、あるいはラスを引きたくない。

 これが、いろいろな自分の心の中でうごめき始めながら麻雀を打つんですが、例えば、この手牌。

三萬四萬五萬六萬七萬二筒二筒七筒八筒八筒六索七索八索

ラス前でもオーラスでもいいと思います。トップ目です。二筒八筒が出てきて、ポンして、二萬 五萬 八萬のテンパイに取る方が多いと思います。

一萬二萬三萬一筒三筒七筒八筒一索二索三索北白白

 この手牌。これは、場の状況というか、自分の置かれている状況は東場でも南場でもかまいません。悪くない状況のときに、この手から白がドラなんです。出たら白をポンしたりしていませんか。あるいは、親のときに焦って六筒をチーしたりしていませんか。二筒チーならまだしも。三色が完成しますから。

 そういう目先の利。この手牌でいえば、トップを取れるんじゃないかな。二萬 五萬 八萬だし、ポンをしておけば、六筒が入ったら三色の手。八萬が入っても、六筒で三色が乗って、これは二筒でチャンタ、三色のテンパイ。悪くても三色、ドラ、ドラ。九筒が入ればチャンタ、三色、ドラ、ドラ、跳満ですよ。

 打点ではないのはもちろん承知していますが、目先の利というか、これさえしておけば確実に何かをいただけるみたいな形は、理屈としては分かるんですが、もっと大きな視野に立って麻雀を打たないと、小さな、小さな、スケールの小さな打ち手で終わってしまいますよと。

 目先の利に走らなくてもいい状況に置かれているなら、確実にトップを取ろうとか、確実に和了ろうとか思ったところで、何が確実か微妙なゲームですから、こういうチャンス手が来たら、手牌を育てるという原点に戻って、目先の利に走らない打ち方をされたらどうかなと。そんなことを言ったって、ポンしたらトップだよと思われるかもしれませんが、そこを乗り越えてこそ、強靭な麻雀が打てるようになるんじゃないかなと。それから、牌たちから認められるような打ち手になっていくんじゃないかなと私は思います。

前へ10次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ