第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

51.我がままな思考の停止(約6分30秒)

一般的な麻雀と麻雀道の違い。それは、目先の損得で打つか、客観的に抑制をかけて自分を少し犠牲にしながら打つかにあります。和了したいからといって対局者のことを考えずに要らないから切る、では麻雀道から外れます。ここでは、麻雀道に求められる、求道的な打ち方について解説します。

動画固定を解除する
前へ51次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 やはりいろいろな打ち手の思考方法とか、麻雀とは何なのかとか、いろいろあります。あるんですが、私、やっぱり一番打ち手が心得なければいけないことは、自分の我がまま、身勝手、これをいかに押さえ込んで麻雀を打っていくか。いろいろな場面で、それは問われるところだと思うんです。

 端的な例としては、ドラとか赤牌とか、こういうものがその打ち手から放たれることによって、場が一瞬にして壊れてしまうシーンというのはたくさんあるんです。でも、我がままな言い分としては、鳴かれないかもしれないじゃない。その打牌によって何の影響もなく、スーッと局が通り過ぎていくかもしれないじゃないかという甘え。それによって、自分を言い訳しながらドラを切ったり、赤を切ったりして納得している。これは、麻雀道としては認められない精神なんです。求道的な打ち方をせざるを得ないというところが麻雀道の厳しいところでもあり、やりがいのあるところでもあると思うんです。

二萬二萬六萬七萬八萬三筒四筒六筒七筒三索四索六索六索

 手牌をご覧ください。親の手牌です。ドラが白。ここに白を持ってきました。どうしますか。自分の手の都合だけで言えば、要らないです。鳴かれるか、鳴かれないか、分からないドラです。でも、我慢して、6・7・8の三色が可能な手ですから、六索を1枚外して、白をいったん置いて、次に二筒が入ってきたら、白を切らないで、また六索を外して、三色を断念して、タンヤオ、平和の一向聴にして、誰かが白を切った段階で自分が合わせ打つということ、十分できる手構えじゃないですか。

 白を切っていく理由は、二萬六索が暗刻になるか、二萬六索に何かが入ってきて、伸びてきたときに便利に使えるから、今見切るのはもったいないじゃないかという、自分だけの理由でしょ。この白の出方、出し方、今なのかって話なんです。ドラを切っちゃいけないって話をしているんじゃなくて、今切っていいドラなのかと。ポンされたら、もうそれだけで満貫という、ポンする側にとっては願ってもない武器です。その武器を相手に手渡していいのかという話。

一索一索二索三索四索五索七索八索八索東東発発

 あるいは、この手牌。今、ドラが七萬。ないですね、七萬。下家の親が二萬をポンしている。タンヤオかなと思いながらやっていたところに、赤五筒を引いてきたと。東場です。東発も役です。鳴かれるかな、どうしようかな。パッと切ってしまう。なぜなら、赤五筒さえいなくなれば受けが広いから。一索が3枚になっても、八索が3枚になっても、聴牌に近づくと。自分勝手な言い分じゃないですか。ここで赤五筒を引かされて、下家の親、二萬をポンしている親、タンヤオに見える親が赤五筒を利用しないかもしれないけど、チーされる可能性だって十分あるし、強引にチーされる可能性だって、チーやポンされる可能性だってある。

 だったら、ちょっと我慢して、八索を切るなり、一番チーされにくい一索を切るなりして、自分の手をちょっと我慢して、少し犠牲にして、赤を切るタイミングを後に回すと。自分の手が一向聴になってから切るでもいいです。例えば、一索を切って、九索を引いてきたら八索を切って、まだ赤五筒を切らないで済むじゃないですか。

赤五筒一索二索三索四索五索七索八索九索東東発発

東発が出てきたときにポンして、赤五筒を切る。

 でも、この打ち方に反対意見の人は、こう言うんです。「後で切ったらロンされるかもしれないじゃないですか。」、「今ならチーで済む可能性も高いじゃないですか。」と。ここが、麻雀道と一般の目先の損得で麻雀をされる方との違い。この違いが麻雀道を勉強している、あるいは麻雀道を歩んでいく違いなわけで、ドラとか赤に関しても、客観的に抑制の効いた、自分を少し犠牲にする、損な役回りを少し取る、そういう考え方をいつも身につけて打っていただければ、すてきな打ち手になっていけるんじゃないかなと思います。

前へ51次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ