第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

53.場壊しした自覚を持つ(約3分10秒)

自分の捨牌によって、場が荒れることがあります。たとえばドラや赤牌をポンされて、さらに和了られたときなど、自分の捨牌がその対局の雰囲気自体を変えてしまいます。麻雀道においては、自分のまいた種は自分で刈り取る精神が求められます。ここでは、自分の捨牌による影響の責任の取り方について解説します。

動画固定を解除する
前へ53次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 ドラ、そして赤といった牌を相手の手牌に加えてしまうと、打点がグーンと上がっていきますよね。特にドラをポンされた経験は、皆さんおありだと思います。赤牌の場合には、ポンされても、それがドラでない限り、赤1枚で1飜増えるだけです。しかしドラの場合には、いきなりポンされたら満貫以上が確定しますから、非常に緊迫した状況になります。その鳴かれた風景を見た他の2人にとっては、大丈夫かなという不安感いっぱいの局面が訪れるわけじゃないですか。切った側には切った側の理由があるわけです。赤を切ろうが、ドラを切ろうが、それは構わない。

 でも、ここからが麻雀道の大事な部分でございまして、麻雀道では自分のまいた種は自分で刈り取るという精神が求められます。責任感のない打牌はしないということです。どんなに点数がなかろうが、点数をたくさん持っていようが、親であろうが子であろうが、無責任な打牌はしないという大前提が麻雀道には求められます。うっかりすることはあります。見落としていたり、疲れていたり、何らかの理由によって相手にポンされたり、チーされたりして、満貫や跳満を和了られてしまったということはあります。しかし、その結果をどう受け止めるのかということがとても大事です。

 場壊しした自覚を持って、その後の局に対し、自分がその場を壊した償いをどのようにしていくのかを考えたほうがいいと思います。誰かが迷惑を被っているんですから、身勝手な和了りは、もうその局以降は許されないと思ったほうがいいです。「麻雀だから、そんなことは当たり前じゃないか」というのは、麻雀道とは関係ない話です。それは、ただ単に麻雀を遊ぶ方の話。

 麻雀道を極めていこうとする方は、それなりの品格とそれなりの人格を持たないといけません。ドラを切るのはいいです。赤を切るのもいいです。何事もなければいいんですが、自分がまいた種によって何かが起きてしまったら、その局以降、責任を取りましょう。きちんと責任を取るということは、申し訳なかったという気持ちを自分の打牌に表わしていくということです。それが麻雀道の真髄でございます。

前へ53次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ