第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

その哲学とは?(土田の麻雀道)

7.アガるためには打たない(約3分10秒)

麻雀で勝つには和了らなければなりません。しかし、常に和了できるわけではありません。そこで、和了れない局ではどうすべきなのか? 場を平たくするという意識を持つことが重要です。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 和了るために打たない。和了るためには打たない。何だ、それと。だいたいの人が思いますよ。和了るために打たないんだったら何のために麻雀やっているんだとお叱りを受けることは覚悟の上で、和了るためには打たないほうがいいと思います。麻雀は、ゲームとしての話をすれば、場を平たくするというところに一番重きを置いたほうがいいと思います。場が偏るようなきっかけを自分がしてはならないと戒めておかなければいけないんです。

 例えば、この手牌。四萬がドラです。赤があります。今、14枚になっています。

三萬四萬八萬八萬三筒四筒六筒六筒八筒三索四索赤五索発中

 ところが、今、トップ目の下家、東場の4局でもいいですよ。南場の1局でも。トップ目の下家が白をポンして、ピンズの一色で仕掛けています。ほぼピンズの一色で仕掛けていると考えてください。何を切りますか。発ションパイ、中ションパイ。ちょっと味見。ちょっと味見。していませんか。そうそううまく手はまとまっていないだろうとか思って、甘えていませんか。

 こういう手のときこそ、和了に向かわないんです。自分が犠牲になるんです。犠牲という言い方は良くないかな。自分が場を平たくするんだという意識を高めて、自分の和了には未練を持たずに、八萬でもいいでしょう。切ってみてください。手はリャンシャンテンからサンシャンテンに落ちていきます。何かもったいないなと思う人も多いかもしれない。でも、このふんばり、この押さえ。誰かを和了らせないために自分が和了に向かわないという単純な話ではないんです。場を平たくするという意識を常に持てば、和了りたいという気持ちがどんどん薄まっていくという、そういう話なんです。

 ですから、麻雀というのは和了るためには打たない。もうちょっと優しく言えば、和了るためだけには打たないという意識を常に。そもそも全部の局数の2割しか和了れないんです。おおよそ20%から23%ぐらいの間でしか自分の和了がないんですから、残りの8割は、和了りたい手でも、和了るために俺はやっているんじゃないんだと自分に言い聞かせながら麻雀を打ってみてください。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ