第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

対局姿勢(土田の麻雀道)

16.チー・ポンの作法(約5分20秒)

捨牌を拾うチー・ポンは、対局者に影響を与える行為です。麻雀道では、その作法も重要で、対局者の迷惑にならない鳴き方が必要です。ここでは、チー、それからポンの正しい作法を学びましょう。

動画固定を解除する
前へ16次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 皆さん、作法のお時間でございます。麻雀道を極めていく上で、作法はとても大切なことでございます。まずチー・ポン、今回はこの作法から勉強していきましょうか。もちろん、何かアクションを起こすときには、麻雀は発声が大事です。あまり大きすぎても駄目、相手に聞こえないようなか細いチー、ポンとかいうのも駄目です。はっきりと明確に、チー、ポン。皆さん、言ってみましょうか。チー、ポン。威圧的にポンとか言うのも駄目です。あるいは、チッと言っているのか、チーと言っているのか分からないようなふてくされた言い方も駄目。

 今、八萬が出てきました。これをチーします。打たれました。チーの場合には、気持ち一呼吸置きましょう。そこのルールによっては、発声優先と。チー・ポン発声優先というルールもありますが、基本的には、ポンがないか確認、少し間を置いた後にチーの発声をする。つまり、打たれました、チー。これぐらいの間合いです。打たれました、チー。これは早い。

 打たれました、チーと発声しましたら、自分の鳴きたい部分、きちんとさらす。間八萬でチーするのか、五萬八萬でチーするのかというのは、相手3人が非常に注目している点ですから、すぐにチーと言ったら見せて、この八萬を持ってきて、持ってくると、14枚ですね、全部の手牌が。持ってこないまま打牌するケースも、要らない牌を切るケースもあるかもしれません、その場によっては。でも、基本の、麻雀道の覚え方としては、持ってきて、打牌する。

 そんなのは面倒くせえよと。チー、捨ててから牌を持ってくる。これでもいいんです。悪くないんです。別に違反ではありません。でも、そのとき手牌は12枚になってしまいますから、一瞬でも少牌になっちゃいますね。合わせたら13枚になります。それは屁理屈だと言われてしまうかもしれませんが、麻雀道のさらし方としては、チーの仕方としては、チー、パッと持ってきて、すぐ打牌する。

 マナーが悪いのは、こういうパターンです。チー、ここまではいいんです。ここから考えるんです。何を切ろうかなと。何を切ろうかなと考えるぐらいへんてこな手牌なら、チーしないほうがいいと思います、私。それが道だと思います。チーと決めているのであれば、打牌も速やかに、チー。こういきましょう。

 ポンも同じです。今度はポンをやります。白が出てきました。白が打たれました。ポン。右手の方から鳴いていますから、右にさらします。打つ。もう1回いきます。白、ポン。これは、打牌したと同時にポンでかまわない。ポンは優先ですから、ポンする牌はポンとすぐ言いましょう。打牌して、次の人がもうツモにかかっている時に、ツモっている時に、ポンとか言っている人がいますけれども、これもマナー違反。ポンは速やかに、打牌と同時に、ポン。これも速やかに、一連の動作が無駄のないように、美しく、ポンと。これでいいじゃないですか。チー・ポンの作法は速やかに、歯切れよく、美しくしましょう。

前へ16次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ