ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

対局姿勢(土田の麻雀道)

14.推牌(トイパイの励行)(約1分40秒)

あまり聞き慣れない麻雀用語・推牌。これは、山を前に出すことを指します。麻雀道においては、対局者へのほんの少しの気遣いを重視するので、対局者が取りやすいよう、推牌を励行し、品格ある打ち手を目指しましょう。

動画固定を解除する
前へ14次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 推牌。ちょっと聞いたことないフレーズだと思いますけれども、推理小説の推に牌と書いて、推牌という麻雀用語なんですけれども、これはどういうことかというと、推牌を励行しましょう、推牌を励行しましょうと言われます。特に品格ある打ち手を目指す皆さんには、厳しくこれは覚えておいていただきたいと思いますけれども、山を前に出す行為です。取りづらいなと思ったときに、対面の方は特にそうですけれども、その山を取りやすいように前に出す。

 当たり前のことですけれども、つい自分の手牌に夢中になっていると、山がどんどん減ってきて、取りづらいですよ、向かい側の人、もしくは左右の人でもいいですけれども、ちょっとここがぶつかっちゃいますからね。そうなる前に、推牌というのは、もうこれぐらい自分の目の前の山が相手の山と接近してきたら、こう出してあげる。これだけのことです。ここにあるものを、取りやすいように前に出すだけです。つい手牌に夢中になってしまうと、忘れてしまう方が多いんです。ですから、推牌、相手への気遣い、麻雀道の基本中の基本じゃないですか。推牌の励行、忘れないでやってください。

前へ14次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ