第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

その哲学とは?(土田の麻雀道)

9.覇道・邪道は棄て王道をいく(約4分50秒)

麻雀に勝つことだけにこだわると覇道、邪道といった打ち筋になりがちです。それらは勝ちに結びつくことはあっても、結果的にダメだと土田プロは語ります。麻雀牌に、対局相手に愛される麻雀。ここでは麻雀の王道について解説します。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 覇道、邪道、そして王道とありますが、覇道というのは、勝ちにこだわるためにはどんなことでもするぞと。相手から被害を受けないためのいろいろな技術を駆使しながら失点を防いでいくという方法。あるいは、相手から点数を掠め取るような和了を考えていくというような打ち方が覇道であります。これは、王道の麻雀と。

 王道というのは、もう皆さん、お分かりだと思いますけれども、オーソドックスに、「えっ」というようなことはしないで、ストレートに勝ちに結びつけていく。あるいは、負けるときはストレートにあっさり負けていくというような、美しい打ち方です。

 問題は邪道です。これは、勝ち負け関係ないんですから。相手、感情的になって何かをする行為、あるいは相手の心をかき乱したいというようなときに使う手口ですよね。

 例えば、覇道の場合には、この手牌であったとして、

二萬三萬一筒三筒六筒八筒三索五索七索九索九索南南

今、上家からリーチがかかったと。親でもいいでしょう。調子の良い人でもいいでしょう。リーチ表示牌が一萬だったと。一萬じゃなくてもいいですよ。別に四萬でもいいです。七筒でもいいです。何でもいいです。食える牌。一発消し。

 今、一発消しというのは結構流行だと私は思っているんですけれども、長い目で見たら一発を消しておいたほうが有利じゃないかという論議もありますが、自分の気持ちを和らげるためにも、自分が手になってないときに一発を消しておくという戦法、これは覇道です。相手の打点を低くするという目的もありますし、自分が勝つための一つの方法、一発消しと。

 あるいは、海底ずらし。あと1巡で親に海底がいくというときにはもう一萬をチーしたり、二筒をチーしたりして、失点を防いでいくという打ち方がありますね。

 それから、亜空間。昔、今は亡くなられておりますけれども、一斉を風靡した安藤満という麻雀プロの戦術であるんですけれども、役がないところから動いて、ツモをずらして、相手のリズムを壊すという打ち方があります。これは覇道です。

 邪道は、この手を見てください。何か自分がむしゃくしゃしているとか、あるいはこの親は個人的に嫌いだとか、あるいは何らかの理由で場を壊したいなと。めちゃくちゃにしたいなと思うような、発作的な動きを入れるときがあると思うんです、人間ですから。

 例えば、八萬をポンとか。配牌ですよ。二筒をポンとか、七索をチーとか、三萬をチーでもいいんです。それで、目的としては、その人がツモってくる牌をこれ見よがしにツモ切りして、こんな良い牌をツモっていたよという、相手の気持ちを乱していく。「何だ、こいつ」と思われながら、相手の選択ミスを誘っていくような打ち方。これは邪道です。

 でも、邪道も、結果的に勝ちに結びつくことがあって、その戦法を使う人もいらっしゃいますけれども、やはり麻雀は、行き着くところ、王道で打たないと絶対に駄目なんです。何で駄目かというと、この牌たち、136枚の牌たちに愛されない打ち手になってしまうからなんです。牌に愛されないと、肝心要のところで救われないんです。ですから、牌たちに愛されるために、あるいは対局相手にも愛される打ち手でありたいでしょうから、王道で打っていきましょうよ。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ