ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

68.相手の型を受けて立つ(約4分30秒)

勝っているときは相手の型を潰さずに受けて立つ。そんな心構えを解説します。

動画固定を解除する
前へ68次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 勝っているときの心構えとして、相手の型を受けて立つということが大切です。相手の型というのは、リーチや混一色や七対子など、その人の得意な攻め口のことです。相手の型が見えたら、つぶしに行かず、その型を思う存分やってもらいましょう。自分だけが和了ればいい、相手に高い手を作られたら困るといった発想は、麻雀道では要りません。お互いの型と型で戦う心構えでいましょう。その結果、振り込んだとしてもかまいません。

前へ68次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ