第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

2.敗者の美学(約3分30秒)

土田プロが語る麻雀道の2回目は美しい負け方。ここでは、自分の打牌で誰かが有利になるようなことをしない、麻雀の負け方について解説します。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 皆さん、麻雀で投了したことはありますか。おそらくあまりないような気がします。例えば、オーラスを迎えて、マイナス1万7000点ぐらいしていたとしましょうか。跳満をツモれば2番手に浮上できる。満貫をツモれば3着に浮上できる。今、親が落ちたばかりの北家です。

 この手牌をご覧ください。まだ2巡目ですよ。六萬をツモってきました。何を切りますか。

赤五萬六萬四索五索七索四筒五筒五筒七筒南白発中 六萬

 5、6、7の三色、4、5、6の三色、いずれも見えていますね。四筒がドラです。赤もあります。満貫テンパイはそう難しくないようにも見えます。南を選ぶ人もいれば、白発中の三元牌を選ぶ人もいますが、それは麻雀道に反する打ち方でございまして、やはりどこかで、自分がラス目にいるときは特にそうなんですけれども、投了してもいいんじゃないかなと考えることが大切なんです。負けるとき、美しく負けるという打ち方も身につけられたほうがいいと思うんです。

 よくあるパターンです。これは、三元牌もしくは南を点数のある人にポンされて、チャッチャと局が終わって、あるいはトップが決まって、あるいはトップ逆転劇が起きて、その原因というか要因は、このラス目の字牌切り、不用意な。まあ多いですよ。でも、麻雀道というところに魅力を感じたり、入りたいなと。そういうものを身につけたいなと思う方は、オーラスでラス目になったときは特にそうなんですが、私なんかは南の二、三局あたりからもう投了することもありますけれども、もう場に迷惑を掛けない。自分の打牌で誰かが有利になるような状況にはなるべくしないようにしようと。

 この手牌でいえば、親が下家なので、ドラそばは切らない。ドラの筋あたりから切っておこうかなと。あるいは、六萬を切って、またもう1枚六萬を切って、五索も切っちゃってみたいな。この手を手にしないんです。もしかしたらとか、あわよくばとか思ったら、道には入れないんだなと思っていただきたい。

 それから、皆さん、投了を心がけてみてください。どこかで投了した瞬間から、もう場から、舞台から下りると。姿を消すという打ち手にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ