第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

対局姿勢(土田の麻雀道)

12.年長者への敬いと配慮(約2分50秒)

年長者への配慮というのはとても大切なことです。麻雀の道においてもそれは同様で、そういった心がないと、麻雀というゲームは理解できません。ここでは麻雀道への第一歩というべき年長者への配慮について解説します。

動画固定を解除する
前へ12次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 年長者への敬いと配慮。これは、麻雀に限らず、どんなところでも欠かせない心の置き方ですよね。麻雀というゲームは、やっぱり勝ち負けを競ってしまう部分がある関係で、ゲームが終わった後などは、ともすれば自分の心が荒れていたり、1ゲームの中にいろいろなことがあって、年長者の方にこんなことをされた、あんなことをされたなんていう思いがあって、少し敬意を忘れてしまうことがあるんじゃないでしょうか。いけませんよ。

 場所を決めるとき、年長者の方にその場所決めのサイコロを振ってもらうなり、あるいはつかみ取りの場合には年長者の方から牌を引いてもらうなり、何せ自分より先に生まれてきた方たちに対する優先権というのを尊重して、あるいは、お年を召されてくると席に座るのも大変な作業になってくることもある。でも、麻雀が好きだから、皆さん、一緒に卓を囲んでやるわけじゃないですか。そのときに、自分が元気なら、あるいは若いなら、当然、そういうサポートを率先して、イスを引いてあげたり、大変そうなところはお手伝いしたり、そういうところも本当に敬いながらすると。卓を囲んでいただいたら、ありがとうございましたと。私ごとき若輩者の相手をしていただいてありがとうございましたという心がないと、麻雀というゲームを理解できないんです。

 ですから、年長者への敬いと配慮。どうしても、ツモってくるときも、お年を召されてくると取るのも大変なんです。なるべく、1ミリでも近く牌を近づけてあげよう、ツモってくる牌を近づけよう、推牌ちゃんとしようと。そういうようなこと。あとは、不自由していたら、点棒を払うときでも、ドラを開けるときでも、取り間違えそうになるときでも、自分がカバーするんだと。いつもそこにアンテナを張るんだという敬いの気持ちを持たれながら麻雀をされるということが第一歩だと。麻雀道への第一歩だと私は思っております。

前へ12次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ