ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

4.潔い負け方(約2分30秒)

土田プロもなかなかできないという「潔い負け方」。突然幸運が舞い込んでくるかも?という、浅はかな期待を正していくのが麻雀道。ここに麻雀道の真髄があります。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 潔い負け方。なかなかこれができないんですよね。私もそうでございますけれども、やっぱり色気というもの、あるいは悔しいという気持ち。負けず嫌いな方は特にそうですけれども、負けているときの打ち方、後で振り返ると、もう情けない打ち方をしていることが多くありませんか。あるいは、みっともない打ち方をしていることはありませんか。

 だから、負けを受け入れるということ。ラスはラスで仕方ないんだなと。このゲームはラスを引き受けましょうという考え方。あるいは、3番手でもいいです。3番手のままで終わっても仕方ないなと。その基本には、あがかないということがあるんです。あがかない自分でいたいなと。

 例えば、オーラス、親でこの手が来たとしてみましょうか。

一索二索八索九索九索一筒三筒四筒七萬九萬南白白

 何とか連荘して、何とかテンパイまで持ち込んで、何とか相手が親を警戒してくれるようなというようなことも考えながら、この手牌を見ると、もう三索はチーです。八萬もチー、二筒もチー、九索もポン、白はもう今さら言うまでもなく、「はい、ポン、ポン」みたいな。

 ということで、動いていく方がたくさんいらっしゃると思います。どうにかなるかもしれないんだから。麻雀は、一寸先は闇だと。だから、自分にだって幸運が突如として舞い降りるかもしれないと。その浅はかな心を正していくのが麻雀道なんです。負けを受け入れられるようになれば道は開かれるということなんです。ですから、自分が3番手とかラス目にいる南場に入ったら、どこで負けを認めようかな、受け入れようかなということはいつも考え、受け入れたら、潔く負けると。そこに麻雀道の真髄があります。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ