第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

終盤の思考(土田の麻雀道)

47.親番死守の愚かさ(約3分)

親で和了れば子の1.5倍の点数がもらえます。できれば親を長く続けたい。しかし、その目的だけでがむしゃらに聴牌を目指すのはどうでしょうか。麻雀道を目指す方にとって、その姿はあまり美しくありません。ここでは、親番にこだわらない、終盤の良い過ごし方について解説します。

動画固定を解除する
前へ47次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 皆さんに言っておきたいことがあります。伝えておきたいことがあります。麻雀に親も子もないんです。親は子の、和了れば1.5倍の点数がもらえます。親は和了れば多くの場合、連荘できます。ルールによっては和了らないと連荘できないルールもあるかもしれませんが、多くの場合は、親は聴牌していれば連荘できるし、和了ればもちろん連荘できるしということで、親番になると人が変わったように聴牌に向けてがむしゃらに前進していく方が多いと思います。

 でも、親であれ、子であれ、自分にできることは限られているんだと。そういう精神がいつもないと、親番になると粘っているような打ち方をしていて、あがいている、醜い、そんな、そこまでして親番を死守したいのかというような、はしたないという言い方はどうか分かりませんが、場が傾いてしまうような一打を終盤に、残りあと2回か3回、あるいは残り1回、最後の打牌、特に親の方、気を付けていただきたい。

 わがままなんです。連荘したいというのはわがままなんです。連荘できるときは、自然な形で、納得のいく形で連荘していってください。ラッキー、これさえ通れば連荘できるみたいな無謀な暴牌は慎みながら、五分五分ぐらいならまだいいです。6:4で当たりそうだなという牌は、終盤、切らないで、親番を次の方に明け渡してください。

 とにかく麻雀のゲームを見ている中で一番気になるところは、私、その親番なんです。皆さんのやり過ごし方。あまりにもこだわり過ぎます。麻雀に親も子もないんです。あるのは自分の置かれている状況だけ。そこを客観的に考えながら、終盤、良い過ごし方をしてください。

前へ47次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ