ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

終盤の思考(土田の麻雀道)

45.もう1人の自分を(約2分30秒)

麻雀をしていると、そのときは夢中で対局しているために、どのような麻雀になっているかが二の次になっている場合があります。そんな時、自分の置かれている状況を客観的に見つめ直すことは非常に重要です。ここでは、自分の麻雀を見つめ直す意味、その重要性について解説します。

動画固定を解除する
前へ45次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 もう1人の自分を。何言ってんだ。分からないでしょ。何を言いたいのか。これは、打っているときの自分自身をカメラで追いかけているような感覚で見てください。おまえ、何考えているんだ、何したいんだ。カメラで自分を追いかけてみてください。

 これはどういうことかというと、より客観的に自分の置かれている状況、置かれている手牌、見つめ直すということがいかに大事か。グーッと入ってしまうと、局面に飲み込まれていくこともあって、なかなか正確なというか、その身の丈に合った選択ができにくくなるんです。客観的に自分をちょっと遠めに映すような感じで見ていると、おまえ、こんなところでリーチしたら駄目じゃないか、こんなところでポンなんて声を出しちゃ駄目じゃないか、ここでカンはないだろうって、もう1人の自分が教えてくれる。そういう状況をいつも作るようにしてください。

 大局的に見る、俯瞰して見る。グーッと引いた感じで、局面、自分がどういう立場に追い込まれているのか、あるいは自由演技できているのか、どこまで手牌を延ばすことができるのか。フルスイングしてないだろうって、もう1人の自分が自分自身に叱ってやってください。そうすることによって、非常に欲のない、目先の損得にも捉われずに、我欲も消えて、人間が持っている煩悩、そういうものから解き放たれた摸打が、手牌構成ができるようになるはずなんです。よろしくお願いします。

前へ45次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ