第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

99.点棒の授受が美しい(約5分10秒)

点棒の授受にも気遣いと所作の美しさが必要です。

動画固定を解除する
前へ99次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 点棒受け渡し時の所作に心遣いが見られないと、マイナスイメージを抱かせてしまうときがあるので、気を付けてください。点棒を投げるような払い方はしないでください。

 東1局で3900を振り込んだときは、1000点棒3本と100点棒9本で払うのではなく、5000点棒1本を渡して、1100点のお釣りをもらうようにしましょう。5800を親に振り込んだときも同様で、5000点棒と1000点棒で払い、200点のお釣りをもらいます。

 点棒の払い方で、麻雀の技量、レベルが分かるものです。2600オールの和了が出たら、調度で払っても良いですが、気の利いた人は、5100点を渡して2500点のお釣りもらいます。4000オールでは、2人は5000点を渡して1000点のお釣りをもらう方が良いです。

 また、リーチ用の1000点棒が無くならないように気をつけましょう。リーチをかけてから両替すると、ゲームを中断する行為になります。両替は、局が始まる前に、気持ちよい言い方でお願いしましょう。

 流局したときは、ノーテン罰符の支払いに気をつけましょう。テンパイしている人数の勘違いはよく見られます。言われて初めて点棒を払う人もいます。言われる前に、きれいに美しく払うことが点棒授受のエチケットであり、愛される打ち手になるための必要条件でもあります。

前へ99次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ