第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

57.赤を抱いて死ぬ(約5分)

麻雀道では、対局相手への敬意がとても大切です。自分がその対局を荒らす存在になってはいけません。ゲームの中で、不要な赤牌を持ってしまった場合の行動も重要です。ここでは、持ち点が少ない場合の麻雀道の打ち手としてふさわしい行動について解説します。

動画固定を解除する
前へ57次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 赤を抱いて死ぬ。何かセンチなメッセージに聞こえるかもしれません。南場で自分の持ち点がなくなってきて、最後の親番となってきたときに、赤を抱いて死ねますか。赤を抱いて死ねるような打ち手になれれば、あなたも、麻雀道の1歩、2歩、3歩くらい奥に入ってきたような気がします。赤を抱いて死ぬというのは、本当は赤を切りたいんだけれども、切っちゃいけないなというときの行動です。「場に迷惑をかけちゃいけないな」ということで、自分が赤を抱いて、聴牌から遠ざかっていってもいいから、最後まで切らない。そういう場に対しての敬意、あるいは対局相手に対しての敬意。「私はもう駄目なんだ、この局は赤を抱いて死ぬしか道がないんだ」ということを判断できるようになれればいいんじゃないかなと思います。

 もちろん東場でもそういうことはあります。例えば下家の親がタンヤオで仕掛けていて、赤を引いてきたばっかりに、ローリングしなければいけない。あるいは、自分の目標とする手を壊していかなければいけない。そんなことだってあります。赤を抱いて死ぬ。打ち手には、どんな場合でも、今のフレーズが当てはまるときがあるということを忘れないでいただきたいと思います。手牌としてはどういうものか、ご覧ください。

一萬二萬赤五萬九萬九萬一筒三筒七筒八筒一索二索七索九索九索

 これがラス前の親。マイナス1万5000点。3巡目でこの手牌になっています。下家が早々にダブ南を仕掛けています。ドラは五筒です。どれを切りますか。自己都合で言えば、赤五萬です。遠い純チャン、三色、三向聴ではありますけれども、そこに向かって無駄なく行くには赤五萬を切るしかない。パーンと切る。別に鳴かれる、鳴かれないは分かりません。下家にチーされるかもしれない、チーされないかもしれない。でも、麻雀道の打ち手としては失格です。こんな遠い手でどうするんです。もう下家が動いている。もう自分の出番はない。この局は下家にチーもポンもされないように過ごしていこう。ラス前なので、この親を落とせばラスが確定するかもしれません。それを引き受けるのも麻雀道。損な役回りを引き受けるのも麻雀道なんです。

二萬二萬赤五萬八萬九萬九萬二筒二筒二筒四筒五筒六筒七索八索

 この手牌もそうです。これも親で同じような状況で、もう下家に動かれています。五索がドラです。ここから1枚切らなきゃいけない。受けを広くするなら赤五萬です。でも、八萬を切って我慢して、九索を引いてきたらリーチといってもいいです。でも、切る向聴数を間違えないでください。例えばオーラスだったとしましょうか。オーラスの自分が親、マイナス1万5000点。そんなときでも下家に動かれて、もう聴牌もしくは一向聴気配。駄目か。今、赤を切りたいけど、切っちゃいけない。手牌が殺されてもいいから、赤を抱いてオーラスを終えようというぐらいの構えが必要です。麻雀道の道を奥深く入っていくことはできません。そんなのは無理だよ。いくら何だって、オーラスの親でマイナス1万5000点。もうこれで終わってしまう。だったら、1枚ぐらいいいじゃないですか。これは甘えです。自分に甘えちゃいけません。場に甘えちゃいけません。相手に甘えちゃいけません。麻雀道まっしぐらで行こうじゃありませんか。赤を抱いて死ぬ。

前へ57次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ