第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

72.学びの時間帯(約4分20秒)

負けているときが1番勉強になります。学ぶべき5つの点について解説します。

動画固定を解除する
前へ72次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 負けているときが一番勉強できると。私、弟子たちにも口を酸っぱくして言っております。負ける日、あるいはラスを引くゲーム、こんなに勉強の材料が転がっている時間帯はありません。自分の手が和了れないなどと嘆いている暇はないんです。何をチェックするのか、何を学ぶのか、これから一つ一つ言いますから、よく覚えてください。

 1つ目、配牌からどんな変化をしていくのか。負けているときは、どれぐらい無駄なツモが続くのか、ツモの来方も見なきゃいけません。配牌からどういう変化をしていくのか、そのツモたるや、どんなふうに来るのか、チェックする。

 2つ目、孤立している字牌の並び方、配牌から孤立している字牌の生牌が何枚あるのか。あるいは、途中で生牌の字牌をどうやって引かされるのか、何枚引かされるのか。負けているときというのは字牌の孤立、生牌が非常に増えてきます。その増え方をチェックする。

 3つ目、相手のリーチがかかったとき、その待ち方、「どんなところで待つのかな」、「点数をたくさん持っている人はどんなところが待ちになっているのかな」って、よく見てください。勝っている人の共通点があるはずなんです。「そんな良い待ちなんだ。」「そんなに山にたくさん残っていそうな待ちなんだ。」「そんなにみんなが出したくなるような待ちなんだ。」というところで、テンパイが組まれています。

 4つ目、ロン牌、相手の当たり牌がどうやって自分の手牌の中から浮き上がっていくのか。浮き上がっていかないと、放銃しませんから。浮いてくるから、要らないと思って切って、ロンされるわけですから、その浮き上がり方をチェックする。

 最後、リーチがかかっていても、ダマ聴でも、仕掛けでもいいですが、相手のロン牌をどこで引かされたのか、何巡目に引かされたのか。リーチがかかってすぐ引かされたのか、リーチがかかって4~5回目で引かされたのか。ポンでテンパイしてすぐに当たり牌を引かされたのか、早く引かされれば引かされるほど調子が悪いんです。この間が少し延びてくれば延びてくるほど傷は浅くなってくるし、傷がなくなれば当たり牌は浮かなくなります。相手のロン牌は浮かなくなるし、引かされることもないというところを、負けているとき、ラスを引くゲーム、負ける日に全部チェックしましょう。学びの時間帯というのはそういうことなんです。自分が麻雀をしていて負けているときにはどういう要素が目につくのか、それをまずチェックして、整理整頓して、また次なる負ける日に備えてほしいなと思うわけでございます。

前へ72次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ