ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

72.学びの時間帯(約4分20秒)

ここでは、負けているときに学ぶべき5つの点について解説します。

動画固定を解除する
前へ72次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 負けているときが一番勉強できます。自分の手が和了れないなどと嘆いている暇はありません。何をチェックするのか、何を学ぶのか、解説します。

 1つ目、配牌からどのように変化するのかです。どれぐらい無駄なツモが続くのかなど、負けているときのツモの来方をチェックします。

 2つ目、孤立している字牌の並び方です。途中で生牌の字牌をどうやって引かされるのか、何枚引かされるのかをチェックします。

 3つ目、相手のリーチがかかったとき、その待ち方です。点数を多く持っている人はどのようなところが待ちになっているのかをチェックします。勝っている人の共通点があるはずです。良い待ちや、山に多く残っていそうな待ちでテンパイします。

 4つ目、相手の当たり牌がどのように自分の手牌から浮き上がっていくのかです。自分にとって不要な牌でロンされるので、その浮き上がり方をチェックします。

 5つ目、相手の当たり牌をどのようなタイミングで引かされたのかです。リーチがかかってすぐ引かされたのか、4~5回目で引かされたのか。また、ポンでテンパイしてすぐに当たり牌を引かされたのかなどです。引かされるタイミングが早いほど調子が悪いといえます。この間が延びてくるほど当たり牌が出ていかなくなりますし、引かされなくなることをチェックします。

負けているときは、学びの時間です。これらを全部チェックし、整理整頓して、また次なる負ける日に備えましょう。

前へ72次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ