ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

54.下家のエネルギーを知る(約3分20秒)

ここでは、下家のエネルギーを感じて牌を切ることの重要さについて解説します。

動画固定を解除する
前へ54次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 ドラや赤牌を切りたいときに、最初に考えなければいけないことは、下家のエネルギーです。エネルギーが高ければ、鳴いてすぐ満貫になる手牌が入っています。エネルギーが低ければ、鳴かれたとしても簡単に手が進むことはないので、自分の切りたいときに切ってかまいません。

 これは流れというものです。良い流れの人に協力するような打牌は控えましょう。自分の手牌とよく相談して、切るのは1手遅らせます。二向聴で切りたいと思ったら一向聴で切るようにします。下家にエネルギーがある場合に動かれてしまうと、その後もまた鳴かれる可能性もあるわけで、そうなると非常にやりにくくなります。自分のエネルギーが低いときには、目も当てられないような事態が発生することがあります。

三萬四萬赤五萬六萬二筒三筒三筒四筒七索八索九索北北白

 ドラは白です。親ですが、持ち点は1万点ほど沈んでいます。下家はプラス1万5000点ほどのトップ目で、索子の一色をやっているように見えます。白を切って、四萬五萬一筒二筒四筒五筒のどれかを引けば二面待ちに、二萬七萬を引けば三面待ちになり、平和、赤1でリーチが打てます。多くの人はここで白を切ります。ポンされても、自分がどうにかなるだろうという読みです。しかし、下家にエネルギーがあるときにポンされると、次に引いてくるのは下家に必要な索子です。そういう流れに入ってしまいます。

 ですから、ここは三筒三萬六萬を切ります。よく場を見て、2色の一向聴にはできないというときは1色頼りの一向聴にします。そして、聴牌したときに白を切るというぐらいの間合いで打たなければ、下家のエネルギーに負けてしまいます。

前へ54次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ