第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

83.結果より内容(約2分20秒)

麻雀は、結果よければ全てよし。ではありません。特にトップ目で迎えたオーラスの打ち方は大事です。内容を重視した打ち方を解説します。

動画固定を解除する
前へ83次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 オーラスの打ち方、特にトップ目の打ち方が大事だと思うんです。麻雀は、「結果よければ全てよし」ではないんです。結果より内容。これが道なんです。お遊びでされている麻雀であれば、トップを取って、「よかったね、おめでとう」で終わるんですけれども、麻雀道はちょっと自分の中のハードルを上げていただきたい。

 例えば、この手牌。

七萬八萬一筒二筒三筒三筒四筒赤五筒六筒七筒九筒北北

オーラスで西家の7巡目、トップ目。2番手とは7000点差ぐらいなので、満貫を和了られてしまうと逆転される。そんなときに二筒を引いてきました、どうしますか?九筒がドラなんですけど、九筒を切れば、平和、赤1のテンパイ。多くの方がリーチもしないで、九筒を切っていかれる。リーチもしない。六萬九萬が出て、はい、トップ確定。

 嫌だな。そういう麻雀はどうなんですかね。結果よければ全てよしじゃなく、ここは七萬八萬を切って、何とか八筒を引いてきて、リーチをかけてください。一筒四筒七筒でフィニッシュ。内容のあるトップを取ってください。

 何となくうまくトップを取れたではなくて、充実した内容で自分の力でもぎ取っていくようなトップを取られると、質の高いトップを取っていけると。質のあまりないトップを取るということは、地力もつかない。ですから、自分の腕が上がるという意味も含めて、結果よりも内容を重視した打ち方をしてほしいし、チャンスが来たらオーラスであっても活かしてください。

前へ83次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ