第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

59.ドラポン後の責任感(約3分20秒)

ドラをポンさせることは高い手につながりますが、それ自体には罪はありません。しかし、そのポンの後の行動については、責任感を持ってあたりたいものです。ここでは、麻雀道を歩んでいく方々のための、ドラポン後の責任感の持ち方について解説します。

動画固定を解除する
前へ59次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 ドラをポンさせる。それは悪いことではありません。別にそこに罪はありません。ドラを切って、そのドラがポンされる。何の問題もありません。問題なのは、その後の自分。鳴かれたのは問題ないんです。その後、鳴かれたからやーめたというのはあまりにも無責任でしょ。ドラを切るからには、ポンされることも当然、選択の中に入っていると思うんです。ポンされてもいいから切っているわけでしょ。ポンされてもいいということは、自分が和了れそうだと思っている。あるいは、ほかの牌は活用できるわけですから、このドラは自分の和了に向かう道のりの中でうまく活用できないから切っている。そこでポンされました。

 「そうか、よしよし、このドラポンと自分は戦う局面なんだ」というふうに切り替えて、そこからは戦いですよね。ロンされたら仕方ないという腹のくくりがないといけません。無責任にふわっとドラを切って、鳴かれちゃった。「ちょっと状況が悪くなったから、ツモられても、子供だから2000点しか払わなくていいや」というのは冗談じゃないです。そんなことをしていたら、麻雀道を歩いていけません。無責任すぎる。

 それと、次に大事なこと、もう1つ言っておきます。私は、ドラをポンさせた人よりも、ドラをポンした人の2副露目をさせた方のほうが、罪が重いと思っています。つまり、ドラポンとされたら、その上家は、全責任を持って和了りに行くか、全責任を持って全力で喰わせない、チーさせない。ポンももちろんですけれども、チーが問題です。合わせ打ちなんかして、今通ったからって一緒に切ってチーされる。これは最低です。リーチがかかる。ドラポンしている人がいる。五索を切ってリーチしたから五索を合わせる。チーされる。

 今はよしとされているんです。リーチ者とドラポンをケンカさせれば自分への被害が薄くなる可能性が高まる。そんな姑息な考え方は恥ずかしいです。喰わせないでいい牌があるなら喰わせない牌を切る。リーチにも通っている牌を切る。共通安全牌があるなら先にそれを切る。だって、後から五索を切ってロンされたら困るじゃない。そんな屁理屈は要らない。麻雀道にはそんな損得勘定は要らない。ドラポンされたら、ドラポンされた上家の方はしっかりとガードする。ガードしないならまっすぐ和了りに行って戦うということがドラポン後の責任感です。ドラポンさせた人もそうですけれども、ドラポンした人の上家も同じ連帯責任を負うということです。分かりましたか。

前へ59次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ