第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

52.強牌と暴牌の違い(約5分40秒)

麻雀道においては、対局者の状況によって捨てる牌に気を遣う必要があります。どう見ても染め手に走っている下家に、自分が要らないからという理由だけでぽんぽん鳴かせるのは麻雀の道に反します。ここでは、どのような場合に強く打ち、どのような捨て方が暴牌となるかについて解説します。

動画固定を解除する
前へ52次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 強牌というのは、強いなと思える牌ね。暴牌というのは、ボウハイとも言いますけど、暴力的なというか、場を壊す、壊しかねないと言ってもいい牌。この違いはちょっと難しいので、分かりづらい部分かもしれませんが、要するに、特に仕掛けが入っている場合に多く現れる現象です。

 ある一色をやっている人がいます。上家に座っている人が自分の手の都合で要らない牌を切っていったら、その一色系の手を組まれて、あるいは役牌をポンされて、満貫を和了られたと。たまたま鳴かれたからしょうがないじゃないかという考え方があります。でも、それはもちろん状況によっては許される範囲内かもしれませんが、例えばノリノリの親が仕掛けているのに、自分の手を和了りたいから、その一色の色を嫌っていけば違う色で和了れるから、切っちゃうと。チーされると。また親が連荘すると。「何だ、この食わせは」というような思いを抱くとき、あるかもしれません。

 ですから、麻雀道の心構えとしては、場が傾くような暴牌は切らないほうがいい。簡単に言えば、大三元のとき、ありますね。白発をポンされていて、中を切るかどうしようか考えて、パッと切る人。白ポン、発ポンっていったら、すぐに中切る人いますね。でも、鳴かれる、鳴かれないは分からないわけじゃないですか。統計的には鳴かれないことが多いことは事実です。でも、麻雀道としては、切っちゃいけません。いついかなる場合でも、白ポン、発ポンのところに中を切ってはいけません。それは、道に反するからです。

 自分だけで打っている麻雀ではないということを強く自覚して、いつも4人で打っているんだということを忘れないことが麻雀道。もっと言えば、麻雀をしている人みんな、全国1500万人の麻雀を打つ人みんなで麻雀をしているんだということを忘れないでほしいなと。そこに麻雀道の良さが出てくるんじゃないかなと思います。

一萬一萬三萬四萬五萬六萬七萬六筒八筒三索四索六索七索五索ツモ

 ちょっと手牌をご覧ください。四索がドラの二向聴の手です。そこに五索を引いてきたんです。六筒八筒を切れば三面形の二萬五萬八萬二索五索八索の一向聴になる。ところが、下家の親が今、連荘していると。東をポンして、筒子のホンイチに見える。筒子の一色をやっているような手に見える。六筒八筒、あるいは八筒から落として六筒切ろうかなと思う気持ちをちょっと抑えてください。一萬切りましょう。

一萬三萬四萬五萬六萬七萬六筒八筒三索四索五索六索七索

 こうしておけば、六筒八筒が頭になれば、1枚だけ勝負できる。あるいは、七筒がストレートに入ってくれば、それはそれでいいじゃないですか、こんな形になるわけですから。

三萬四萬五萬六萬七萬六筒七筒八筒三索四索五索六索七索

これだと、もう筒子を切らないで済んで、萬子か索子の聴牌がもらえると。

二萬三萬四萬赤五萬一筒一筒一筒六筒四索五索六索七索一索一索

 別の手牌ですが、この場合はまた話が違うんです。同じく筒子の一色を親がやっていると。四索がドラと。この場合には、1枚だけ勝負して六筒を切る。強い牌を打つ、強牌を打つ。これはいいんです。これは1枚だけなので、強牌を打つことはいいんです。

一萬一萬三萬四萬五萬六萬七萬六筒八筒三索四索六索七索

 しかし、先ほどの手牌の場合には2枚打たなきゃいけない。八筒打ったら六筒六筒打ったら八筒。これは暴牌なんです。

 ですから、強い牌と暴牌の違い、それをよく考えた上で、勝負に出る、あるいは我慢をするという判断を麻雀道としては強く求めていく。自分が自己犠牲の精神を持つということが、麻雀道をしているということなんです。自分を犠牲にして場の平たさというか、均衡を保つということが麻雀道の良さでございますから、絶えず自分は犠牲になってもいいんだと。自分が我慢すれば場が収まるんだというときには、必ず我慢する方向を選んでいただきたいなと。暴牌は、麻雀道ではタブーでございます。

前へ52次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ