第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

55.感情的打牌を慎む(約3分20秒)

麻雀をしているとその状況によって感情が下がったり、逆に上がったりすることがあります。人間ですから、感情の起伏は仕方ありません。しかし、その感情を打牌に表してはいけません。ここでは、麻雀道を志す方がしてはいけない、感情的な打牌について解説します。

動画固定を解除する
前へ55次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 これは赤やドラに限った話ではありませんが、感情的な打牌は、麻雀道という道からは大きく外れてしまいます。いついかなる場合も、自分がどのような状態になっていても、感情面で打牌選択するようなことがあってはいけません。これはハイな状態、ローな状態、荒れている状態でもそうです。いずれにしても、乱れた打牌で、しかもそれがドラや赤だったら、もう目も当てられないぐらいみっともない打ち手に成り下がってしまいます。みっともない打ち手は、麻雀道からかなり遠い存在です。そういう人にならないようにしていただきたいなと思います。

 特に気をつけたいのは、負けてきたときです。負けてくると、自分の弱い部分がどんどん体や脳から出てきます。そうすると、まあいいやとか、もう切っちゃえという形で、打牌が乱暴になります。気持ちが乱れていると切り方こそ丁寧でも、ドラの白が来たしても、いいやと面倒くさくなっていまう。それは感情的な打牌に入ります。面倒くさいというのは麻雀を打つ資格ないぐらい、いけない理由です。それだったら、すぐゲームを閉じて、その場から去ったほうがいいぐらいの話でございます。

 あと、ハイな状態のとき。自分がたくさん点棒を持って、ウキウキしている状態のときに赤五萬が来ました。いたずら心で「ほら、喰えよ」みたいな軽いノリで下家に切っていく人がいます。自分が国士っぽい手をやっていて、「どうぞ、どうぞ。赤、どうぞ。」という打牌をされると、やられたほうはたまったもんじゃない。下家の立場にしたら、馬鹿にされているようですし、それ以外の2人からしたら、「何だよ、こいつ。調子に乗って」という感じになります。「点数がたくさんあるからっていい気になるなよ」という話につながっていきます。

 ハイな状態で赤やドラをばらまく、または、自分が沈んだ状態でやけくそになって切る。あるいは、もっと感情的なことってありますよね。自分の嫌いな人が親であったり、その日、どうも相性が良くなくて、イライラしているとき。自分がいらついている人が親のときに、親を困らせてやろうと思って何かを切る。下家が一色手をやっていたら、その一色手のドラや赤を切って下家に応援し、打点を高くして、親を困らせてやろう。そういう行為は最低です。人間だから、感情の起伏はあります。そうしたい気持ちになるときはあります。でも、麻雀牌たちには、もっと真摯に向き合ってもらいたいのです。感情まではいいので、打牌には表さないでいただきたい。感情的な打牌はどうかしないでほしいなと思います。

前へ55次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ