第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

79.字牌に心血を注ぐ(約4分40秒)

負けているときに字牌を丁寧に扱う事が麻雀道の"背骨"です。どういうことか解説します。

動画固定を解除する
前へ79次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 負けているときの字牌に対する扱い方を見ていると、その打ち手の麻雀観、麻雀哲学、思想信条、といったものが透けて見えてきます。この人は本当に麻雀というゲームを大切にしているなという方は、字牌の扱いが丁寧です。

 負けているときというのは、自分の手から余っていく字牌がポンされやすい状況に置かれていることが多いんです。自分の手主体で打つと字牌が出ていきやすく、その字牌をポンされる。そして、和了られてしまうという負の連鎖が続いていくケースが多いんです。

 南場に入ったら、よく見ていてください。だいたい役牌をポンされるのは点棒がない側です。点数のある人が切った役牌はポンされないのに、点数がない人が切った役牌はポンされやすくなるという仕組みなんです。その仕組みを分かっていれば、そう簡単に字牌には手をかけられない。字牌というものに対して心血を注いでいけるかどうか、これが麻雀道の背骨であり、負けているときの姿勢なんです。この背骨を正してから、他の手筋に入っていくというところが、麻雀道の麻雀道たる所以だと私は考えております。

 手牌をご覧ください。

一萬三萬四萬五萬六萬八萬二筒四筒六筒三索五索白中

ドラは四筒です。南場に入っていて点数はない。2巡目、3巡目あたりでこの手牌の時に東をツモってきた。ほとんどの方が東をツモ切りすると思います。役牌の白中から切る人もいるかもしれませんが、ここを我慢して一萬を切る人は少ないと思うんです。あるいは、四筒がドラなので、二筒を切る人も少ないと思うんです。でも、この手が和了に結びつくまでに、どれぐらいの急所を引かなければいけないかぐらいはお分かりのはずなんです。急所が多い手で先に字牌を切るというのは、字牌に対する心血の注ぎ方がゼロと言ってもおかしくはないんです。

 じゃあ、この手牌ならいいのか?

二萬三萬赤五萬六萬三筒三筒四筒六筒二索三索白発中

先程と同じく四筒がドラです。二索をツモってきた。さあ、何を切るのか? 赤もドラもあるし、白発中に手をかけるのが普通ですよね。それは普通の打ち手の選択。麻雀道に一歩足を踏み入れた方は、ぐっとこらえて、字牌に手をかけない。二索のツモ切りもよし、三筒を切ってこのドラ周りのリャンメンを固めておくもよし。字牌は丁寧に扱っていく。

 手牌を丁寧に、字牌に心血を注ぎながら、自分の手のシャンテン数を上げずに字牌をキープして、ポンされないようにしながら打つ。ポンされる、されないは結果論ですから、ポンされないかもしれません。この考え方では、ポンされないように打つというところに主眼を置いています。されるか、されないか分からないけど、されないようにするというところが麻雀道の背骨なんです。勝っているときはまた違いますが、負けているときは、とにかく数字の牌よりも字牌に心血を注ぐ。ここに麻雀道の背骨があると考えていただきたいと思います。

前へ79次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ