ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

79.字牌に心血を注ぐ(約4分40秒)

負けているときに字牌を丁寧に扱う事が麻雀道の背骨です。

動画固定を解除する
前へ79次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 負けているときの字牌の扱い方で、その打ち手の麻雀観、麻雀哲学、思想信条、といったものが透けて見えてきます。麻雀というゲームを大切にしている人は、字牌の扱いが丁寧です。

 負けているときは、要らない字牌がポンされやすい状況に置かれやすいです。字牌をポンされて、和了られてしまうという負の連鎖が続いていくケースが多いです。南場で役牌をポンされるのは、だいたい点棒がない側ですので見てみてください。この仕組みを分かっていれば、そう簡単に字牌には手をかけられません。字牌に対して心血を注いでいけるかどうかが麻雀道の背骨であり、負けているときの姿勢です。この背骨を正してから、他の手筋に入っていくところが、麻雀道の麻雀道たる所以です。

一萬三萬四萬五萬六萬八萬二筒四筒六筒三索五索白中

 ドラは四筒です。南場に入っていて点数はマイナスです。2、3巡目で東をツモりました。急所が多く和了が遠いので、ここは我慢して一萬二筒を切ります。

二萬三萬赤五萬六萬三筒三筒四筒六筒二索三索白発中

 同じくドラは四筒です。二索をツモりました。普通は白発中に手をかけると思いますが、ここも我慢して二索のツモ切りや、三筒を切ってドラ周りのリャンメンを固める選択をして、字牌は置いておきます。

 手牌を丁寧に、字牌に心血を注ぎながら、自分の手のシャンテン数を上げずに字牌をキープして、ポンされないようにしながら打つ。ポンされるか分からないけど、されないようにするというところが麻雀道の背骨です。

前へ79次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ