第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

中盤の思考(土田の麻雀道)

38.意味のある放銃を(約4分20秒)

麻雀ではもちろん振り込みたいという人はいないと思いますが、これは仕方ないと思いながら放銃してしまうことがあります。しかし、放銃においても、麻雀道においては良い放銃と悪い放銃があります。ここでは、その放銃の持つ意味について解説します。

動画固定を解除する
前へ38次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 放銃に意味を持たせていますか、皆さん。ただテンパったから、ああ当たっちゃったとか、だってこんな手だったもん、だから振り込んだっていいんだとか、あるいは、親だからしょうがないよねとか、放銃した後に思っていませんか。それはちょっと違うんです。遊びの上ですから、それぐらいの言い訳をしながらゲームを楽しむのはいいとは思うんですけれども、我々、麻雀道じゃないですか。麻雀道においては、放銃に意味を持たせないといかんのでございます。

 どういう意味かというと、そんなに難しくはないですよ。まずは点数のない人に点数のある自分が放銃する。これは非常に意味があります。慈善活動じゃないんですけれども、点数がある側が点数のない人に向かって放銃するというのは全く悪いことではないんです。それは満貫であれ、跳満であれ、何点でも、点棒のない方に、自分のある点棒を持っていってもらうというのは、非常にゲーム全体が、偏りが少なくなってくるというか、ゲームの血液の流れが良くなりますから、そういう意味においては非常に良い放銃になっていくと思います。

 不用意なというか、「えっ」というような放銃は、起こらないとは思いますけれども、それはいけませんよ。でも、当たってもしょうがないな、どうぞという感覚は間違ってないと思います。

 それから、こちらに手が入っているとき。それは状況が悪くないときですよ。状況が悪いときは、いくら手が入っていても我慢しなければいけないことが多いので、悪い放銃になりやすいです。状況が悪くないとき、つまり点数がさほど減っていないとき、あるいはたくさんあるときに、手が入っているときは、放銃しても仕方ないなと。それは言ってもいいと思います。

 そして、これは大事な話ですけれども、当たるんだろうな、きっと当たるんだろうなと。口に出しちゃ駄目ですよ。よくいますよ。放銃した後、やっぱりねと言う人。これはいかんのですが、気持ち的には当たるだろうなと思いながら振り込む。それは自分の手におぼれているわけではなくて、前へ進んでいくんだという関係上、この牌は手元には置けないと客観的に判断した打牌です。でも、これはたぶん当たるだろうなと。で、放銃するには全くもって問題ないです。分かっているんですから。自覚を持って放銃するというのは、とても良い放銃の仕方なんです。

 次は、連荘中の親あるいは流れに入りそうな親を降りてもらうと。落とすという意味において、残りの2人の子方に放銃すると。これは抜き打ちじゃないですよ。自然な形で要らない牌を切ったら当たると。これも良い放銃です。意味のある放銃になると思います。

 ですから、放銃というのは、その値段が満貫だから悪かったとか、跳満だから振り込まなければよかったとか、1000点だから振り込んでよかったとか、良い放銃だとかいうレベルは全然違います。放銃する内容に意味を持たせるということが麻雀道においてはとても大事な部分なんです。ですから、皆さん、よく考えて、この牌を切って当たったときに、これは意味があるのかなということを考えながら打たれると、またちょっと違った麻雀の面が見えてくると思います。

前へ38次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ