第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

134.「今」ではなく「未来」をみる(約5分40秒)

オーラスをラス目で迎えたら、未来の自分を考えて打ちましょう。

動画固定を解除する
前へ134

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 オーラスを迎えたときに、今ではなく未来を見ることがどの着順に位置していても、特にラス目にいるときには意識すべきことです。未来の自分がどういう打ち手でありたいのかをよく考えてみてください。

三萬四萬六萬六萬六萬七萬三筒四筒二索三索四索六索八索八索

 ラス目で、跳満をツモるか、満貫が3番手に直撃すれば3番手に上がれるという状況です。6巡目、7巡目にこの手牌になっていて、リーチがかかったところに八索を引いてきました。ドラは五萬です。リーチには三萬三筒二索が通っています。ここで七萬六索を打つのは、今しか見ていません。狭まった物の見方です。自分は跳満の可能性がかなり低いイーシャンテンで、相手はトップ争いをしています。自分が放銃すれば着順が変わる可能性は十分あります。ラス目にいるときは、相手に先制リーチを打たれてしまったら8割、9割、自分がその局面を制す可能性はないと考えるのが客観的な認識です。それを踏まえた上で、ここでは二索三筒を打ちます。オーラスのラス目で先制リーチが入ったら、次のゲームに備えましょう。

前へ134
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ