ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

77.早め早めの店仕舞い(約3分40秒)

負けている時は早めに自分の手に見切りをつけることが大事です。足掻かずに早めに店仕舞いすることが打ち手の品格に繋がります。

動画固定を解除する
前へ77次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 負けているときの店仕舞いは早くしましょう。つまり、自分の手牌は終了という合図を自分の心の中で送りましょう。それはどのタイミングかといいますと、7巡目、2段目の最初の打牌に入ったときにその決断を下したほうが後々助かるかなと。その局は受けるんだと。その受け牌の準備をしておくほうが手を一歩進めるより賢いのではないかなと。もうこの手は無理なんじゃないかなという見切りをつけない限りは店仕舞いできません。

 例えばこの手牌。

二萬三萬一筒一筒三筒一索二索八索九索南北白白

ドラが四筒です。一応、チャンタ、三色形のサンシャンテンです。一萬二筒三索が入る、もしくは一萬三索七索が入れば、きれいな手です。でも、この7巡目にドラ側の赤五筒を引いてきた。南が1枚切れ、北が2枚切れでございます。東場です。これまでに親満、満貫を振って、もうマイナス2万点近いところにいるといったときに、こういう来方をしたら、店仕舞いかな。でも、赤五筒だからもったいないなという色気を持って南を1枚切る人も多いと思うんです。もうちょっとだけ様子を見たい。これが早めの店仕舞いにつながらないんです。

 あと2~3巡たったら他の人からリーチがかかります。あなた、1面子もないんです。1組もない身分だということをわきまえていれば、安全牌になりやすい南を切る必要がどこにあるんですかと。八索九索三萬、といったところを切っていって店仕舞いしましょう。代わりに西だとか、またもう1枚南だとかをツモってきて、後半戦に備えると。安全牌ばっかり残っているというプランは大事なことなのではないかなと。

 色気を残しながら攻める手順を考えて、南を切っておく。これはいけません。麻雀道としては、早く自分の身分をわきまえた行動をしていく。赤五筒を引いた時点で、参りました。この局は他の3人にゆだねて、自分はお店を閉めますということで、八索九索を落としていく。そして、なるべく端の安全牌を残して打っていく。早めの店仕舞いということが打ち手の品格にもつながってくると。足掻かないほうがいいと思います。たらればで麻雀はしないほうがいいと思いますから、駄目なときは駄目なりに、早め早めに店仕舞いをしましょう。

前へ77次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ