第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

終盤の思考(土田の麻雀道)

50.残りツモ3回以内のリーチ(約3分10秒)

山が少なくなり、残りツモが3回しかないとき、リーチをかけますか? 手牌によって答えは変わると思いますが、その時点でのひらめきでリーチする、その感性を磨くことは重要です。ここでは、天の声を聞く麻雀について解説します。

動画固定を解除する
前へ50次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 私は、麻雀というゲーム、3という数字がけっこういろいろな場面でキーになっている数字だと思うんです。3枚1組で作っていくということもさることながら、河、6枚切り、6枚切り、6枚切りというふうに3段に分けていますよね。実は、3枚切りと私は考えているんです。3枚切りを繰り返しているんじゃないかと。3枚切って、1つのワード。3枚切って、1つのワードというか、物語がそこで変わってきているようなイメージで麻雀を打っているんです。

 残りツモ3回。これ、けっこう重要なキーワードになっていて、ここでリーチをかけてくる人というのは、かなりの打ち手かなと。それは、欲にまみれたリーチは別です。それまでヤミテンしていたのに、突然、リーチって。残りツモ3回になったらリーチってかけられる人。すごい感性だなと思うんです。3という数字に支配されているゲームということを、本質を分かっているのかなとさえ思ってしまいます。

 ですから、残りツモ3回以内に入ったときに、ひらめきですよ、皆さん。そのひらめき、鍛えてください。感性、鍛えてください。リーチいこうかなって、急に思うことが大事なんです。ふと思うことが大事なんです。いこうかな、どうしようかな、いこうかな、どうしようかなって考えているのは、これは迷っているだけです。そうじゃなくて、そこまでは何も考えていないでヤミテンしていたのに、あと何回かな、リーチしたほうがいいんじゃないかなとこう、ピンと来る、こういうアンテナを作ってください。

 もちろん、理屈からいけば、山に残っているな、今にも山にありそうだなと思った瞬間に、残りツモ3回以内で聴牌するときあるんです。即リーチにいく。これはOKです。これは理に適っていますから。山にある、ある、ある、あると思って聴牌した。よし、この待ちならリーチだ。これは普通の話ね。

 私が強調したいのは、感性。ピピピッ。残りツモ3回以内で、2回でもいいし、1回でもいいです。ゴーサインが天から下りてきた。これ、神の啓示、大げさに言うと。でも、それが麻雀ってとても大事なゲームなんです。残りツモ3回、そこに研ぎ澄ます集中力。心をまっさらにして、欲を排除して、天の声を待つというのを実戦で試してみてください。楽しくなりますよ。

前へ50次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ