第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

中盤の思考(土田の麻雀道)

35.テンパイがゴールではない(約5分20秒)

麻雀をしていると、目指している役ではない形に変化してしまう牌が入ってくることがあります。テンパイにはその牌を入れて手を変えるほうが早い。しかし、麻雀道では常に高みを目指すことが重要です。ここでは、麻雀道を志す人が目指す手役についての考え方を解説します。

動画固定を解除する
前へ35次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 聴牌がゴールではない。断言してもいい。麻雀道を走り続ける限り、聴牌イコールゴールではないということを、皆さん頭の中によく置いておいてください。もちろん和了がゴールだと思ってもいけませんよ。ゴールは、ずっと先にあるんです。ですから、安易なというか、妥協するような聴牌はできるだけ取らないほうがいいと思うんです。麻雀道を進む限りは高みを見ていく。良い景色を見るために、ちょっと苦しい思いをして山を登るつもりで打っていただきたいなと。

 やっぱり良い日の出、初日の出もそうですけれども、みんな高いところ高いところに上がる。富士山、登山したいなと思う人もそうですね。あの達成感、あの一瞬のために苦労するわけじゃないですか。もっともっともっともっと麻雀を打つときには苦労して、山を登るつもりで、ちょっと息苦しくなるほどに打ってみてはいかがでしょうか? ということで、この手牌。

六萬六萬六萬七萬七萬八萬八萬一筒一筒一筒発中中九萬ツモ

 発がドラです。発でも来れば、しょうがない、シャンポンの聴牌を取るかなという人もいるかもしれません。そこへやってきたのが九萬です。どうしますか。聴牌です。発のドラを切れば、六萬九萬中。立直をかけて、九萬なり中で和了れば、2飜役ですね。立直と中、もしくは立直と一盃口。

 こういう聴牌を取ってしまっては、麻雀道に反してしまう。もったないないでしょ、あまりにも。もともとそうでしょ。この九萬が入る前は、皆さん四暗刻を考えていたわけでしょ。八萬が来れば、ドラの発をたたき切って、これで中七萬がツモればいいとか、いろいろ考えていたと思うんです。中が暗刻になればそれはそれでいいと。ただし、このときは変則待ちになってしまうので、六萬九萬ではちょっと和了りたくないところだと思いますけれども、もちろん見逃していいんです。

 ところが今九萬が入ってしまったんです。こんなもの、要らないでしょ。こんなもの、要らないと聴牌を崩す勇気を持っていただきたいなと。いくらだってやり直せるし、いくらだって高くなるし、いくらだって役満に近づいていけるじゃないですか。

二萬二萬三萬五萬五萬三筒四筒赤五筒六筒六筒三索四索五索一萬ツモ

 次の手牌。これは五索がドラです。四萬さえ入れば最高なんですが、来たのが一萬。渋々二萬を切って、ドラ赤の聴牌を取って手替わりね。一筒四筒七筒とか二筒五筒八筒とか、三萬六萬になれば三萬で三色ですし、最悪まだ三萬を引いてきても三色、ドラ赤の満貫になりますから、まあいいかという人も多いと思うんですが、われら麻雀道はツモ切り。一萬を迎え入れた手牌全体の形に違和感を感じないと、まだまだ道に入っていません。何か気持ち悪いな、一萬が入ってきたら気持ち悪いなと思えたら、麻雀の道にすんなり入ってこられたなと。

 一萬をツモ切りしておいて、その形から二萬をポンして、五萬を切って、カン四萬に受けるのはOKです。タンヤオ、三色、赤ドラ、これはOK。あるいは、四萬をチーして、五萬打っておくのもOK。とにかく三色という型をきっちり決めていこうよと。もちろん門前で仕上がるのが一番いいんですけれども、次善策としては、ポンテン、チーテンも、三色が決まるのであればOKという手牌に組んでおくことが麻雀道。

 要するに、手役ばっかり追えと言っているわけじゃないんです。三色とかメンホンとか一色手とか一気通貫とか2飜以上の役が狙えるときには、その型をどんどん狙って入れていこうよというのが麻雀道の幹ですから、その辺りしっかりこの幹を育ててほしいなと思います。

前へ35次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ