第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

122.中考・長考は限りなくゼロに(約3分40秒)

オーラス、トップ目での長考は禁物です。

動画固定を解除する
前へ122次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 自分の身を守るため、あるいは利益を生み出すためにゆっくり考える人は多いです。特にオーラスのトップ目になっているときには慎重になりがちです。何とかトップで終わらせたい、手牌に対して振り込みたくない、どうにかして和了って終わらせたいというのは、最も醜い感情です。麻雀道を歩く打ち手ならば、そういう感情は排除しましょう。

 時間は有限です。自分が時間を使えば使うほど、ほかの3人の使う時間は減るわけです。ですから、自分の使う時間は最小限にします。オーラスでトップ目になったら、なるべく皆さんに考えてもらう時間を作るために素早く切りましょう。

 麻雀では、考えれば考えるほど弱気になり、我欲がうずき始めます。ですから、オーラス、トップ目の長考や中考はやめましょう。

前へ122次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ