第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

序盤の思考(土田の麻雀道)

32.字牌は天からの授かりもの(約5分10秒)

字牌は同じ牌が複数手の中にないと使いづらいこともあり、さっさと捨ててしまうことも多いのではないでしょうか。しかし、麻雀道においては、字牌を大事にすることが非常に大切な事柄となります。ここでは、字牌の大切さについて解説します。

動画固定を解除する
前へ32次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 東南西北白発中、この7種類の牌たちが麻雀全体を動かしていること、皆さん、ご存じではないと思います。字牌は麻雀の中心にあるんです。源というか、エネルギーの源になっているんです、麻雀を動かす。意味が全く分からない方々、たくさんいらっしゃいますが、字牌が打ち手を救ってくれるんです、最終的には。よく分からんでしょ。

 でも、分からなくていいから、字牌を大切にしてください。字牌を大切にすれば、あなたを守ってくれます。ピンチが訪れたときにあなたを救ってくれます。苦しいときに字牌があなたを助けてくれます。これは間違いのない事実でございまして、数字の牌、一見和了を助けてくれるであろうと思っている数字の牌たちがあなたたちを助けてくれるわけではないんです。助けてくれるのは字牌なんです。だから、できる限り手牌の中に置いておいてあげる優しさをあなたが持ってください。そうすると、あなたの麻雀は変わります。麻雀の神様があなたを見る目も変わります。分かりますかね。分からなくてもいいです。とにかく大事にする。

一萬赤五萬九萬二筒四筒六筒七筒七筒二索三索七索西北白

 例えば、この手牌。東1局、親の配牌です。ドラが五萬。第1打に何を選びますか。この西、この北白に関しては、役牌なので、損得勘定で、2枚になればポンして、赤五萬の赤のドラを生かしていこうかと。助っ人になってくれるんじゃないかということで、少しは置いておく人も多いかもしれませんが、西北に関しては、この一萬九萬と比較をすれば簡単ですけれども、字牌は3枚になるか2枚になるしか役に立たないと思っていらっしゃる方、多いですよね。数字の牌は、もちろん2枚、3枚になって役に立つんですが、7・8・9、1・2・3、1・9牌ね。横にも伸びるので、縦横自在なので、字牌よりも大事にしておいたほうがいいというのが一般的な考え方、確率論的な考え方ですよね。

 でも、オカルトはそんなことは許さないです。この手牌、一萬九萬から切らないでどうするんだと。西北の字牌を大切に扱わないで、麻雀を打っていることになるんですか。絵合わせゲームをするなら西北からでいいんです。麻雀道、麻雀という道を進みたい、歩いてみたい、歩きたいと思われるのであれば、字牌を大切にしましょう。合言葉、字牌を大切にする。麻雀道の合言葉だと思ってください、お互いの。何でしょう、コンセンサス。

 これ、深いんです、字牌を考え出すと。字牌のことばっかり考えている人はいないと思うんです。数字の牌の並べ方は、よく組み合わせとか、どうしたらいい、ああしたらいいというのは考えている人が多いと思うんですが、字牌をもっと深めてください。字牌への思いを、宇宙と似ている感覚で字牌を捉えてほしいと思います。

 字牌は、鳴かれやすい。鳴かれる、鳴かれないという立場にある牌。よく、オタ風というのは、ある人にとっては自分の風ですから、すべてが鳴かれやすい状況に常にあるわけでございまして、字牌が鳴かれるとツモ順が変わっていくと。変化していきますね。ポンでいろんなことが変わっていきますよね。そういうところを楽しみ出すと、字牌の深さがまた理解できてくると。訳分からなくて、こんがらがっちゃって、面倒くさいから、字牌なんて考えるのは嫌だっておっしゃっているうちは、麻雀の道には入ってきにくいかな。でも、麻雀道は勝ち負けを常に考えている道ではありません。もっともっと深いところ、もっともっと高いところを目指している道でございますから、ぜひ皆さん、字牌を大切にしながら考えていきましょう。

前へ32次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ