ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

74.場面屋にならない(約5分40秒)

負けている時に場を乱し、勝者に貢献してしまう場面屋になってはいけません。場面屋になってしまいやすい打ち方について解説します。

動画固定を解除する
前へ74次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 負けているときに、場面屋になっていませんか? 自分が和了れそうもない手なのに、チー・ポンして和了に向かっていったり、あるいは、何となく和了に向かって、要らない字牌を切ってポンされたりして、間接的に勝者の和了に協力しているような打ち方のことを場面屋と言います。自分は一生懸命やっているつもりでも、いつの間にか場面屋になっていることはありませんか? 負けているときは、潔く負けるという打ち方もあるんです。

例えば、この手牌。

一筒二筒五筒六筒六筒八筒九筒東南白白中中

 南の2局ぐらいで、もう2万点も沈んでいる。親番は残っています。この手が来たときに、皆さんはどう考えますか? ドラは四萬なのでこの一色の手とは全く無関係な色。しかも、状況はもう8巡目、9巡目で今にもリーチがかかりそうなところ。そこへ白が出てきたので、ポンして東を切る。もうこのポンと言った瞬間に場面屋なんです。場を乱し始めているという意味です。なぜポンしちゃ駄目なの? ホンイチ、白、中、満貫じゃない? でも本当に和了れるの? ペン三筒、ペン七筒といった数字の牌の肝となっている3と7が欠けている一色手。多分白をポンした人の河は、「私、筒子やっていますよ」という河になっているでしょう。負けているんですから、余計そうなっているはずです。

 そんなときに、わざわざ白をポンして、ドラが四萬であるにもかかわらず、リーチがかかってもまだ攻めていく。リーチがかかって、中が出てきたからポンして、南を切ってこの状態にして、

一筒二筒五筒六筒六筒八筒九筒白白白中中中

ドラそばの三萬を持ってきて、切ってロンされたり、赤五萬を持ってきて、困ったからと九筒を切ってみたり、もう最悪の人になっていませんか。大丈夫ですか。和了れる見込みがあるなら鳴いていってもいいですよ。負けているときにポンするなとは言いません。和了りたい手ではなく、和了れる見込みが立っている手なら鳴いてもいいです。和了りたい手をポン・チーするのは場面屋になりやすいです。特に南場に入ってから、自分が負けているときにポン・チーすると、場面屋になってしまい、点数がある人にもっと加担するような結果を招きやすいということです。

それから、この手牌。

三萬四萬六萬八萬二筒四筒三索四索六索七索七索白発中

 ドラが四萬。ここから1枚切るんですが、2・3・4の三色も見える。七萬三筒が引けて、ドラそばの二萬が引ければ、二索五索でテンパイします。

二萬三萬四萬六萬七萬八萬二筒三筒四筒三索四索七索七索

こういう理想形を求めて、まずはどうするか。白発中を切るわけです。ところが、かなり高い確率で、この3つのうちの2つぐらいは、勝っている点数のある人にポンされちゃうんです。そして、自分の手は全く進まないうちにこの局は終わってしまうんです。和了られた方が好調を維持したままその次の局に移動していくんです。あなたは何をしていたのか。ただそこに座ってポンさせる係、すなわち場面屋になっていたはずなんです。

 門前で自分が手を進めようと思うときに、負けているときは特に役牌の生牌の扱いには注意をしないと、知らないうちに場面屋になって、その局が終わっていることが多いはずなんです。ですから、場面屋にだけはなるまいという気持ちで負けましょう。同じ負けなら、場面屋になって負けたら恥だと思ってください。

前へ74次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ