第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

87.傍観ではなく静観(約3分30秒)

ラス目で迎えたオーラス、トップ争いを静かに見守ることが麻雀道では重要です。

動画固定を解除する
前へ87次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 オーラスを迎えて、あなたはラス目です。跳満をツモれば2番手まで上がれる。倍満をツモればトップまで行ける。一方で、トップ争いは熾烈を極めています。3人の点差がぎゅっと縮まっていて、和了ればトップになれるようなオーラスを迎えているとき、あるいは2人が競っている状態でもいいです。トップ争いが繰り広げられている中で、あなたはハネツモ2着、バイツモトップというオーラスを迎えています。さあ、どういう構えで麻雀道をしていくのか、考えてみましょうか。

 手牌をご覧下さい。

二萬三萬四萬四萬六萬八萬三筒五筒七筒赤五索七索南発中

七萬がドラです。七筒を引いてきたんです。何を打ちますか。傍観するタイプの打ち手は、字牌を選択します。どういう局面に発展していくのか分かりませんが、自分が振り込んで着順を変えてしまうのはちょっと申し訳ないなと思う人が傍観者。みんながテンパイ近くなったら危なさそうな牌は切らなくなる。これが傍観。

 でも、麻雀道の真髄と申しましょうか、考え方としては、まず最初に、ハネツモで2番手、あるいはバイツモでトップになるということをクリアできる手牌に見えますかということです。無理に考えれば、カン六索入って、カン六筒入って、カン七萬入って、リーヅモ、タンピン、赤、ドラみたいな形になればいいんですが、そんなラス目のエネルギーでそんなこと言っていられるんですかって。私は静観します。静観するということは、局面に影響を与えないように静かに過ごすということです。

 つまり、生牌であろう役牌、南発中には手をかけない。これらは手牌の中にないものと考えて切らない。二萬三萬四萬四萬六萬八萬三筒五筒七筒赤五索七索の中から選択していく。例えば、三筒でもいいでしょう。後から危なくなる八萬でもいいでしょう。六萬は切りません。ドラ表示牌なので、そこは急所です。下家にカン六萬でチーされるわけにはいきません。このように、静かにオーラスのトップ争いを見守るラス目、そういう役割もあるんですよね。また、そういう意識の高さで麻雀というゲームと向き合うということが麻雀道を極めていく大きなポイントになります。オーラスになったときに、自分がちょっと圏外に置かれているときには、傍観ではなくて静観するということがとても大切なことになります。

前へ87次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ