第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

序盤の思考(土田の麻雀道)

29.想いを牌に伝える(約5分30秒)

麻雀を打っているとき、麻雀牌は常にあなたを見ている。麻雀道ではそのように考えます。牌は、その対局への姿勢を見ています。だからこそ、その打ち方を通して、牌にその想いを伝えなければなりません。ここでは、麻雀牌に想いを伝えることについて解説します。

動画固定を解除する
前へ29次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 想いを牌に伝える。これは大事なんです、麻雀の道を歩んでいく上においては。あなたは、なぜ麻雀をされているんですか。あなたは、なぜ一打一打選択して、その選択をされているのか。この牌たち、いつもあなたを見ている、私を見られている。牌たちに想いを伝えない限り、自分が希望する、望むツモがなかなか来ない。バカみたいなことを言っていると笑っているあなた、それはあまりにも麻雀の道から離れている、ただの絵合わせゲームをなさっている可能性が高い。

一萬二萬四萬七萬二筒三筒八筒九筒九筒三索九索東西中

 こうやって見られているわけです。例えば、今、親で配牌を取りました。ドラが五萬だと。何を第1打にされますか。西、これを打っている方が非常に多いような気がします。これだと、想いが伝わらない。なぜ麻雀をしているのか。なぜ私がここにいるのか。卓に座っているのか。伝わらない。

 第1打四萬。ドラが五萬。でも、四萬を切る。ドラ表示牌から切っていく。五萬が来ても河に並ぶ可能性が高い。この四萬を選んだときに、第1打にですよ。親で。牌たちはどう思うか。「本気なんだ」と。「本気なんだな、こいつは」と思ってくれるんです。その想いを届けていくことが、打ち手の責任というか、役目なんです。牌たちに想いを伝えるために麻雀を打つんです。牌たちがあなた自身、私自身を助けてくれることが多いんです。支えてくれるときが多いんです。だから、麻雀するんです。だから、麻雀道という道を歩いていこうかなと考えたくなるんです。救われるんです、この136枚の牌たちに。分かりますか。分からないでしょ。

 でも、想いを伝えていくような打ち方をされたら、親であろうが、子であろうが、ダントツのトップであろうが、ダンラスであろうが、想いを伝えるということに重心を置いてほしいんです。手役を作ることが立派なことだと言っていることではないんです、私。

三萬四萬六萬八萬八萬四筒赤五筒六筒四索五索九索九索九索白ツモ

 今、白がドラです。白1枚ポツンと来たわけです。白がドラね。何を切るのか。白をツモ切りしてもいいじゃないかと考える人が多いと思います。両面と両面との一向聴ですから。でも、せっかく来てくれた白。麻雀をやっているときに、役牌のドラが途中、中盤、序盤でもいいです。ポツンと来ると、「いやあ、やっかいなものが来ちゃったな」と思っているでしょ。そういうふうに考えてはいけないんです、麻雀の道を歩いていく人たちは。

 「おっ、よく来てくれたな」と。「よくこのドラが自分のところに来てくれたんだな」と。遊びに来てくれたと思ってもいいでしょう。使いきれる、使いきれないの問題じゃないんです。歓迎することが大事なんです。よく来てくれたなって。だったら、1回置いて、三萬を打っておこうかと。六萬じゃないですよ。六萬ではないです。三萬を打っておこうかと。一応、4・5・6、4・5・6を目指しているんですよ、私。次に三索を持ってくる。三色にならないほうが来た。残念だけど、お別れしようかなって。また三索を切っていく。この想いが牌たちに伝わっていくんです。

 さあ、今日から、明日から、皆さん、牌たちに想いを伝えるような一打、選んでみてはいかがでしょうか。

前へ29次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ