ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の麻雀道

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

60.節操のない喰い散らかし(約3分20秒)

ある牌を1枚交換するだけで手が高くなる。例えば赤牌などはわかりやすいと思います。しかし、そのような牌を手に入れるために、節操なく副露することは麻雀道から外れます。ここでは、麻雀道を志す人がしてはいけない食い散らかしについて解説します。

動画固定を解除する
前へ60次へ

土田の麻雀道

「道」の精神とは?(土田の麻雀道)

その哲学とは?(土田の麻雀道)

対局姿勢(土田の麻雀道)

点棒の受け渡し(土田の麻雀道)

序盤の思考(土田の麻雀道)

中盤の思考(土田の麻雀道)

終盤の思考(土田の麻雀道)

ドラや赤牌について(土田の麻雀道)

勝っている時の心構え(土田の麻雀道)

負けている時の心構え(土田の麻雀道)

オーラスの心構え(土田の麻雀道)

愛される打ち手の条件(土田の麻雀道)

終盤の思考Ⅱ(土田の麻雀道)

オーラストップ目の心得(土田の麻雀道)

オーラスラス目の心得(土田の麻雀道)

摸打の心得(土田の麻雀道)

リーチのかけ方(土田の麻雀道)

チー・ポン・カンの仕方(土田の麻雀道)

局終了後のふるまい(土田の麻雀道)

 節操のない喰い散らかし。経験のある人は手を挙げてください。私はあります。節操のない喰い散らかしの経験、私も若いときにあります。出るポン、出るチーはまだいいです。普通に和了に向かって、仕掛けの手順を考えないで喰っていくのは仕方ありません。未熟だなというだけの話です。しかし赤に釣られて、それを喰い始める。あとはチッチチッチ、ポンポンポンポンやっていくような麻雀は本当に情けない。麻雀道からかけ離れてあっちに行っちゃった感じです。いけません。こんなシーンがあるじゃないですか。

二萬三萬四萬七萬九萬三筒赤五筒七筒七筒二索四索六索六索

 二索がドラです。タンヤオ、赤ドラみたいな手組みで考えていたところに上家から赤五萬が出てきた。チーをして、九萬を切りますよね。そして、六筒が出てきたのでチーをした。二萬を切る。「何だよ、二萬三萬四萬で、できていたんじゃないか」と思われます。そして、六索が出てきて、ポンをするんです。「おいおい、おまえ、どうするんだよ」となりますよね。七筒を切りますが、七筒も1枚使っています。見てください。三索さえ入って頭ができれば満貫です。

七萬三筒二索四索赤五萬三萬四萬六筒赤五筒七筒六索六索六索

でも、これは麻雀道じゃないですね。道から外れた仕掛けです。

 何でも欲しがっちゃいけません。特に赤を欲しがる人は多いと思います。しかし、赤の5と2を交換したり、赤の5と8を交換したりして、チー、チーと和了りに行くのは本当にやめてください。麻雀道を志す人はやめてください。普通に麻雀を楽しむ人は、僕は別に構わないなと思っています。でも、麻雀道に行ってみよう、麻雀道を味わってみようという、そのチャレンジする意欲のある方は、まずは赤に釣られる仕掛けはやめたほうがいいと思います。

前へ60次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ