第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

七対子の奥義(土田のオカルト)

113.アヤ牌は大切に(約4分10秒)

七対子を作る上で、アヤ牌、アヤは主役になり得ます。

動画固定を解除する
前へ113次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 その局が開始されるまでの過程で、その場を支配している、いたずらしている、影響を与えている牌が、意識することで浮かび上がってきます。西での和了が多い。西のポンが多い。中が主役になっている。一萬四萬一筒四筒の両面や、一索のシャンポンで和了るといった、1が絡む和了が多い。あるいは、高い手を和了ったときに全部マンズが絡んでいるといった、色のアヤ、数字のアヤもありますし、特定の牌がアヤになっていることもあります。アヤが織りなすドラマが麻雀と言い換えてもいいぐらい、アヤは非常に戦局に影響を与えます。意識することで麻雀の違った面白さを味わえます。

 七対子の場合、アヤを利用することで面白いように聴牌が早まったり、和了れたりします。

二萬二萬赤五萬九萬九萬一筒四筒四筒赤五索八索八索中中

 八筒あるいは8がアヤになっているとします。ドラはありません。赤が重なれば、打点的に魅力があって、裏が乗れば跳満みたいな手で、二萬の筋の赤五萬四筒の筋の一筒八索の筋の赤五索を持ってます。

 そこにアヤの八筒をツモってきました。普通はツモ切りしたくなりますが、そこをこらえて、赤五索または赤五萬を切ります。赤だけは大事にしたいと思って一筒を切ってもいいですが、この一筒はけっこう重なりやすいですし、フィニッシュにしたいと思っているはずです。

 その場合には、赤のどちらか、先にあった方を切ります。そして一筒が来たら、残りの赤を切って、アヤの八筒待ちでリーチします。

 アヤの八筒から入れば、赤五萬で待ってもいいです。赤とアヤの選択でしたら、アヤで待つようにしましょう。

前へ113次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ