第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

87.地運作りがメインテーマ(約4分)

東3局までの序盤は地運を育てることが最優先です。その重要性、手順について解説します。

動画固定を解除する
前へ87次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 地運(チウン)を作る。ジウンと読む方もいるかもしれません。

 天運というのがあるんです。天運には2通りありまして、1つは生まれながらにして神様から授かった運。「下手だけど強いな」という人はこういう人が多いんですけれども、天運がいつも高い。麻雀をするに当たってこんなに恵まれた人はいませんね。だって、自然に勝っちゃうんだもん。だから、腕は良くならない。自分の打ち方、自己流で和了れちゃうんだもん。「そんなので和了れるの?」って。これが生まれながらにして天運の高い人。もう1つは、その日持ってきた運。これも天運といいます。お座りして、ヨーイドンで、はい、「メンタンピン、ツモ、ドラ、ドラ」とか言っちゃう人。天運高いねって思ってください。

 でも、肝心なことは地運作りなんです。自分で育てていく要素、それは手筋。手筋というのは、どういう最終形に向かって自分の配牌から最終形までどういう絵図を描いて打っているのかということです。和了を見ているんじゃないので和了れなくてもいいんです。そして、その手筋に合わせた手順。要らない牌を切る順番を手順といいますが、手筋、すなわち最終的な絵に向かって、どういう順番で要らない牌を切っていくかということが地運作りなんです。

 和了れない手だからって、全然悪い手だからって手筋・手順がおろそかになっていると、地運は育たたない。地運作りは、手なりでは駄目なんです。ツモってきた牌に手牌を合わせていく打ち方は地運が作れないんです。和了るということを最優先にしないで、ある自分の意思、育てていこうという意思をもって育てることを最優先にして、東1局から東3局は地運作りに励むということなんです。

 手牌を見てください。

三萬五萬七萬三筒四筒五筒六筒七筒三索五索赤五索六索六索

七萬がドラです。天運もそこそこ良い手ですね。四萬を持ってきました。何を切るのかな?ドラですか?ドラを切って、四索五索六索が入れば、あるいは七索が入ってきたって、完全イーシャンテン形としてはまあまあ悪くないじゃないんですかと考える人が多いのかなと思いますが、地運を作るには五索切りです。だって、三萬四萬五萬三筒四筒五筒三索五索とできているわけですから、このカン四索さえ埋まればベストなわけです。その前に八萬を引いてくることがあります。その時は六筒を切って、3・4・5を独立させて、フィニッシュまで持っていくことができる。カン四索が入らなくても、九萬が入ってきても、3・4・5を作り上げたという、ある意思を持って育て上げたという結果が大事。これが地運。

 和了れる、和了れないは二の次。和了ろう、和了ろうとして打つと、地運作りができない麻雀になってしまう。これを忘れないでいただければ、皆さんは優れた打ち手になっていくでしょう。特に東1局から東3局までは地運作りが重要です。

前へ87次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ