ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

74.不調時の変則手順(約5分40秒)

調子が悪いときは、いつものように仕掛けてもうまくいきません。いつもとは違う変則的な手順で仕掛ける方法を解説します。

動画固定を解除する
前へ74次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 調子が悪くなってきたときの仕掛けには技術が必要です。いつもと同じ手順で打っていると、和了がない。そう思っていただいて結構です。

この手牌をご覧ください。

六萬七萬九萬九萬一筒一筒三索四索赤五索六索七索東東

 八索がドラ。いつもと同じ手順ということになると、東をポンして、六萬を切る。そして、ポン・チー自在の形にするというのが基本なんです。でも、調子が悪いときはどうやって動いていくのかを工夫しなきゃいけない。まず、役牌が出る前に一筒九萬あるいは五萬八萬が出たら動くんです。例えば一筒が出る。ポン。三索四索を切るんです。三面待ちのところに頼るから和了から遠ざかっていることが多いんです。ですから、三面待ちのところをあえて切っていくんです。後付けになりますが東を後からポンして、五萬八萬で待つ。

六萬七萬九萬九萬赤五索六索七索一筒一筒一筒東東東

なかなかできないですよ。特にこれがダブ東の場合には、一筒九萬を先にポンすると、東が出てこないんじゃないか? と考えてしまいなかなか動けないんです。いつもと同じように東を待つんですが、調子が悪いとき三面待ちを外して五萬八萬をフィニッシュに持ってくる。あるいは、一筒九萬をポンしておいて、五萬八萬をチーしてもいいです。野暮ったい仕掛けになりますが、これで王手をかけておくという打ち方も当然ありなんです。

一筒一筒赤五索六索七索東東九萬九萬九萬六萬七萬五萬

とにかく調子が落ちてきたら、普段鳴くであろうところから初動をかけないで、違うところに初動を持ってくる。仕掛けというのは最初の一歩が大事なんです。どこから手をつけるか。普通は東からポンなんです。でも、普通じゃない状態に入っていますから、普通じゃないときは普通じゃない仕掛けをしましょう。これがオカルト的な不調時の仕掛け方。

では、これはどうですか。

四萬赤五萬六萬七萬二筒二筒四筒赤五筒三索四索六索六索八索

 赤赤のタンヤオの手牌。二筒六索が出てきてポンしてやっていくか、五索でもチーして4・5・6の三色を狙いながら、三索打ってみるとか、オーソドックスに打つなら二筒ポンして、七萬を切っておくというのが普通の打ち方なんです。調子が落ちてきたときに、これをどう仕掛けるのか。六萬をチー四萬赤五萬六萬。こう行くんです。もしくは、五萬をチー六萬七萬五萬。ここを仕掛けるんです。仕掛けてどうするのか? 三索を打つんです。そして、四索も外していくんです。非常に変則的な打ち方です。六萬をチーして三索を切る。4・5・6の三色なんか狙わないで四索も打って、この構えにしておくんです。

六萬七萬二筒二筒四筒赤五筒六索六索八索四萬赤五萬六萬

なかなかできないですよ。

 でも、そうしない限り、一見良さそな手でも調子が悪いときは、仕掛けて和了に結びつくことはありませんし、なおかつ門前で打ってもなかなか実ることは少ない。非常に難しい手なんです。調子が悪いときに良い手が来たら、その手のさばき方というか、和了り方が非常に難しいんです。だから、調子が悪いんです。普通に打ってうまくいかないから調子が悪いんです。だったら、普通に打たないで、いつもなら仕掛けるところは仕掛けないで、こういうところから動いちゃう。チー四萬赤五萬六萬、チー六萬七萬五萬。こんなイーシャンテンにしちゃう。

二筒二筒四筒赤五筒六索六索八索六萬七萬五萬四萬赤五萬六萬

できるか、できないかは別ですけれども、こうなればしめたものでございます。とにかく仕掛けるときも調子が良いときと悪いときでは手順を変える。門前のときと一緒で、手順を変えるということがとても大事なんです。

前へ74次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ