ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

74.不調時の変則手順(約5分40秒)

ここでは、変則的な仕掛け方の手順を解説します。

動画固定を解除する
前へ74次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 調子が悪くなってきたときの仕掛けは技術が必要です。いつもと同じ手順で打っていると和了れません。

六萬七萬九萬九萬一筒一筒三索四索赤五索六索七索東東

 ドラは八索です。普通は東をポンして六萬を切り、ポン・チー自在の形にするのが基本です。調子が悪いときは、まず、役牌が出る前に一筒九萬あるいは五萬八萬が出たら動きます。例えば一筒が出たらポンして三索四索を切ります。調子が悪いときは三面待ちのところに頼ると和了から遠ざかることが多いので、あえて切っていきます。後付けで東をポンして、五萬八萬で待ちます。

一筒一筒赤五索六索七索東東九萬九萬九萬五萬六萬七萬

 調子が落ちてきたら、普段とは違うところに初動を持っていきます。仕掛けというのは最初の一歩が大事です。これがオカルト的な不調時の仕掛け方です。

四萬赤五萬六萬七萬二筒二筒四筒赤五筒三索四索六索六索八索

 赤赤のタンヤオの手牌です。六索のポンや、五索をチーして4・5・6の三色を狙い三索を切るなどありますが、二筒をポンして七萬を切るのが普通の打ち方です。しかし、調子が落ちてきたときは五萬六萬をチーして三索を切り、次に四索を切ります。4・5・6の三色は狙いません。調子が悪いときに良い手が来たら、その手のさばき方というか和了り方は非常に難しいです。普通に打っていては和了れません。

二筒二筒四筒赤五筒六索六索八索五萬六萬七萬六萬四萬赤五萬

 こうなればしめたものです。門前のときと一緒で、仕掛けるときも調子が良いときと悪いときでは手順を変えることが大事です。

前へ74次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ