第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

73.外へ外へ散らす(約5分30秒)

ここでは、外へ散らす打ち方について解説します。

動画固定を解除する
前へ73次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 仕掛けの考え方で重要なことは、数字の牌は1・2・8・9をターゲットにするということです。1・2・8・9をフィニッシュに持っていく、もしくはその辺りの牌を鳴きながら手を進めていくと、和了が早くなります。テンパイまで早くても和了が遠くては意味がありません。満貫、跳満級の打点が高い手ではない限り、仕掛けるならば1巡でも早く和了ることが大事です。

六萬七萬九萬九萬一筒一筒三索四索赤五索六索七索東東

 東場の親の手牌で、ドラは八索です。ここで東を鳴いたら六萬を切るのが基本です。一筒九萬は出てきやすい牌ですから、これをポンの材料として残しておくほうが、早く二索五索八索待ちのテンパイになりやすいです。東を鳴いた後に二索五索八索が先に入ったとしても、基本的には外側の牌が整理されますので、六萬七萬を残すよりも一筒九萬を残すほうが早く和了りやすいです。六萬を切っても、1・9の次にあまりやすい2・8の八萬をチーできます。ロスになるのは五萬だけですが、五萬はほとんど出てきませんので問題ありません。

一萬一萬三萬五萬三筒四筒七筒九筒三索四索北北白白

 北家で、ドラは四索です。白北も利いている手で、3・4・5の三色が見えます。門前で行くなら、一萬七筒九筒を切りますが、仕掛ける場合は五萬切りです。そして白北をポンしたら七筒九筒を切って、三索四索のリャンメン、三筒四筒のリャンメン、一萬をポン、二萬をチーできる形を残します。このように先々を考えて外へ散らす打ち方をして、仕掛けやすくします。

前へ73次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ