何切る?
ついにMaru-JanのmacOS版が登場
ついにMaru-JanのmacOS版が登場

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

運の育て方(土田のオカルト)

174.アガることに固執しない(約2分40秒)

手を育てることで運を育てましょう。

動画固定を解除する
前へ174次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 運を育てることが麻雀を打つ上では一番大きなテーマになります。つまり、運を育てながらアガっていく打ち方が求められるということです。ただアガりやすい手をアガっていくのでは運が育ちにくいです。調子が上がってきたときに、アガれなくてもいいから何か自分の手の作り方に工夫を施すということです。運を育てるということは自分を育てるということになります。手間暇をかけて育てていくということを忘れてはいけません。ですから、アガることだけにこだわらずに打つ、育てることにこだわって打つことです。

前へ174次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ