第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

69.初動後の手順(約2分50秒)

仕掛けの初動後の基本的な手順を、早和了り、打点、それぞれの目的に合わせて解説します。

動画固定を解除する
前へ69次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 初動後の手順。麻雀は手順が命ですから、仕掛ける時も手順を守っていかなければいけません。手順は手筋、つまりその手牌をどういう最終形に落としこんでいくのかということを大前提に作り上げていかないと、手順がバラバラになってしまいます。また、自分の身の丈に合った最終形を目指すことが大事です。1000点、2000点で終わらすのか、あるいは満貫を狙うのか、自分の置かれている位置エネルギー、持っている運の量で判断します。それらが高ければ高いほど高い手を狙っていきます。持っているエネルギーが低い、ツキがない状況であればあるほど、1翻、2翻下げてでも和了りやすい形で和了りに行くということが、仕掛け時におけるオカルトの基本でございます。この手牌をご覧下さい。

一筒二筒三筒四筒五筒赤五筒六索七索北北白中中

 三筒がドラです。1巡でも早く和了るんだということであれば、五索八索をフィニッシュにした動き方が懸命でございます。普通は、中または北をポンして、白または一筒を打ちます。こういうリズムで打てると、すっと和了れるので速攻が決まります。五索八索待ちに自分で追い込んでいくというか、フィニッシュは和了りやすいところにするということが大事です。

 早和了りじゃなくて打点を狙いたいとき、満貫以上を作るんだというときには、少々手間がかかってもいい手順を踏むということになります。六索七索が手牌からなくなっていく手順を守りましょう。初動をかけたら、必ず自分が目指す最終形に向かって、正しい手順を駆使していくということがとても大事なことになってまいります。

前へ69次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ