第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

64.運量による判断(約3分)

ダマ聴でいくかリーチをかけるかの判断は、運の量を一つの基準として使うことができます。運が落ちてきているときは、いい形になってもリーチをかけてはいけません。ここでは、運の量に応じたダマ聴でいくときの基準について解説します。

動画固定を解除する
前へ64次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ダマ聴に構える。リーチかけたい。でも、麻雀を打っていて、ダマにしなければならないときというのがあるわけです。その基準の一つが運の量です。ツキです。点棒というふうにとらえても構いません。その運量による判断の仕方を説明します。

 運の低いとき、これはダマです。運の低いときというのは、運が落ちてきて、放銃したり、ツモられたりして、どんどん下降してきています。このときはダマです。それから、点棒がグーンと減ってきたときのリャンメン形や三面形はリーチをかけたくなるんです。特に役がなくて、ドラが1個でもあるとき。役なし、ドラ1でリャンメン形とか三面形のときに、リーチをかけなかったらバカだろと思っている方がたくさんいらっしゃいます。しかし、点棒がないときはリーチをかけられる身分ではないんです。

 それから、自分の和了牌、ロン牌が直前に切られているときです。三萬六萬で待った。四萬七萬で待った。直前に待っている牌がパラパラと切られるときはありますよね。このときは、役のあるなしに関わらずダマです。間合いが悪い。勝負というのは間合いです。間が悪いときは、リーチはしない。ダマです。間が悪いのにリーチをかける人を何というか知っていますか。そういう人を間抜けというんです。

 それと、最後は親に注目します。調子が良さそうな親で、絶好調、あるいは点数がたくさんある親に対してはダマです。

 運量の判断ってたくさんあるでしょ。まず自分が駄目なとき。もう本当に落ち目だなというときはダマです。それから、点数がないときにリャンメン形や三面形の聴牌をしたらダマです。裏返すと、点数がないときは、形が悪い手はリーチしてもいいんです。運がないのに、リャンメン形や三面張という安心した形になったらダマなんです。さらに、自分の和了牌が直前にパラパラと切られているときもダマです。あと、親が強いとき。親のエネルギーが強いな。この親、強そうだなと思うときは、蹴りたい気持ちを抑えて、ダマです。ダマ、分かりましたか。

前へ64次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ