第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ドラの取捨について(土田のオカルト)

105.牌理で考えぬこと(約3分40秒)

自分の状態が悪くないときは、牌理にとらわれず可能性を広げる打ち方をしましょう。

動画固定を解除する
前へ105次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 自分の置かれている状況がフラット以上の時は牌理で考えないようにします。悪いときは牌理で考えます。これはオカルトのすごみで、自分の置かれている状況が悪いほど、和了に向かうだけのデジタル的な考え方が必要とされます。フラットな状況以上のとき、高打点が狙えるときは、可能性を否定するような、牌理にすがった打ち方は駄目です。

七萬八萬八萬八萬二筒二筒三筒三筒四筒三索四索五索六索

 一筒四筒六萬七萬九萬三索六索のイーシャンテンにドラの七筒を引きました。牌理的には、ツモ切りです。七筒をツモ切りして、入りやすい九萬を引き、一筒四筒待ちでリーチです。しかし、一筒で和了ると、メンピンのみです。

 可能性を広げる、打点を上げること考えると、七萬切りです。ドラが重なっても問題ありません。五筒を引いたら三筒を打ち、索子のサンメンチャンになればドラを打たなければいけませんが、八筒六筒を引いてくることもあります。

 三筒七筒を引き、さらに七筒をツモって倍満ということもあります。リーチ、ツモ、タンヤオ、三暗刻、ドラ3。簡単に和了りやすい方向へ流されずにチャレンジしてみてください。

前へ105次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ