第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

90.すべての選択の背景は運量(約4分)

持っている運量によって変わる手順について解説します。

動画固定を解除する
前へ90次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 麻雀は選択の連続です。その選択の基準になるのは運の上下です。運が良いときはエネルギーがありますから、思うように牌が引けてくるイメージで打つとよいです。運が低いときは全然エネルギーがありませんから、自分が望むことはすべて叶わないという感覚で選択をしていくと、ツモる牌とマッチしやすいです。和了り方一つを取っても、点数があるときはもっとたくさん点数をもらえる方法を考えて、点数がないときは、安くてもいいので1回和了るぐらいで行ったほうがいいと思います。

二萬四萬六萬七萬三筒四筒二索三索四索六索七索八索九索九索

 ドラは八索です。九索が重なってしまったので、タンヤオの可能性が消えましたが、三色は見えています。運が強いときは六萬切りです。少し弱っているときは四萬を切り、テンパイしてもリーチはかけずに1回和了ります。普通のときは七萬を切って三色を狙いつつ、保険をかけておくという打ち方にします。赤五萬が入れば二筒五筒待ちでリーチします。

一萬二萬三萬二筒三筒四筒赤五筒六筒八筒九筒九筒西西

 西家でドラは四萬です。一気通貫、赤1のイーシャンテンのところに八筒を引きました。西が暗刻になってもリーチに行ける形ですが、調子が良いときは三萬二萬一萬と捨てます。西八筒九筒のどれか二つをポンすると一筒四筒七筒待ちのテンパイになります。調子が悪いときは、八筒をツモ切ります。一筒が出てきたらチーして、九筒を切るか、西の後付け狙いで八筒を切り、2000点で我慢します。普通のときは相手3人のスピード感を見て、今にもリーチがかかりそう人がいれば、八筒をツモ切りします。鳴いてテンパイを取ることはしないほうがいいです。2枚目の西が出ても鳴きません。リーチする形をイメージしましょう。一筒七筒を引いた形での満貫にチャレンジすることが大事です。

前へ90次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ