ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

カンを考える(土田のオカルト)

167.テンパイしてても周りを注視(約3分40秒)

テンパイしていても、場の状況を見て、カンをするかどうか決めましょう。

動画固定を解除する
前へ167次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 自分がテンパイしているときに、自分がポンしている牌を持ってきたら加カンしたほうがいいのではないかと考える人は多いですが、テンパイしていても、自分の待ちに今一度冷静なふるいをかけてみてください。

赤五筒六筒八筒八筒二索三索四索一索一索一索発発発

 発一索をポンして、四筒七筒で待っています。ここに発あるいは一索をツモってきました。カンしたいですが、中に寄った36や47の待ちは出てきにくいですし、何故かツモりにくいということがありますので、カンはしないほうがいいです。

二萬三萬四萬五萬六萬八萬八萬七索八索九索白白白

 九索がドラです。ここに白を持ってきます。一萬四萬七萬ならいいだろうと思われますが、もし自分よりも状況の良い人がいたらカンはしません。自分のリズムが良くて、自分もある程度点数をたくさん持っていて、テンパイしていて、九索がドラでカンというのはまだいいでしょう。でも、周りの運の強さというのが感じられるときには控えめに、周りをよく見て、カンしないという選択をできるようになれば、麻雀が少し見えてきます。

前へ167次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ