ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

中盤の思考(土田のオカルト)

31.運量でドラの見切り巡目を測る(約6分20秒)

ここでは、運量に応じたドラの見切り方について解説します。

動画固定を解除する
前へ31次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 赤も含めたドラの見切りについて解説します。欲が絡むため、ドラの見切りは難しいところがあります。しかしそんな期待は、麻雀の勝ち負けに何の足しにもなりません。

 まず、運量を5段階に分けて測ります。ツイている、上向き、並、下向き、何をやっても駄目、といった感覚で測ります。駄目なときになればなるほど、ドラは使えませんので早めに見切らなければいけません。ツイているときは、一見使えなさそうでも2枚になったりして、使える形になります。ドラ周りが残ると和了りにくく、ドラ周りが片付いていると和了りやすいですから、駄目なときはドラ周りを作らなければいいのです。

 何をやっても駄目なときは、ドラは3巡目までに切ります。孤立していなくても両面形でない限り切ります。下向きのときは、6巡目までです。序盤の最後までには見切ります。並のときは、9巡目までです。上向きのときは、12巡目です。中盤戦の終わりぐらいまではドラを引っ張っていてもいいですが、そこで使えなければ切ります。上向きですのでこの巡目に切ってもロンはされず、せいぜいチーやポンです。ツイているときは、いつまで抱えていてもいいです。最高の状況にあるときには見切るという判断は要りません。

 もう一つ大事なことは、駄目なときと下向きのときに、途中でドラを引いた場合です。4、5巡目辺りであればツモ切りでいいですが、中盤の7巡目以降であれば切らずに降りるというバランスが大事です。

前へ31次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ