ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ピンフの作り方(土田のオカルト)

146.ドラ表示牌カンチャンの取捨(約3分10秒)

ピンフ作りでは、ドラに振り回されてはいけません。

動画固定を解除する
前へ146次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

  • 155.起死回生は狙わない (約3分) NEW

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ドラを使ってメンツを完成させるために、ドラ表示牌が必要な形がある手牌はピンフになりにくいです。打点的な魅力よりも、ピンフが狙えそうな手はピンフを作るということが、自分の骨組みをしっかりしていく基本です。

三萬四萬赤五萬六萬一筒一筒七筒九筒二索四索七索八索九索

 ドラは四索で、七萬をツモりました。ドラ表示牌のカン三索が入れば二萬五萬八萬でリーチにいけるので、九筒を切る人が多いですが、ドラが四索でなければ、カン三索という待ちはあまり歓迎されません。赤五索を引けば三索六索待ちになるので、ドラが四索でなければ二索を切るのが牌理に沿った打ち方です。ピンフでは、ドラに振り回されずに、牌理に沿った打ち方をしていきます。ドラ表示牌待ちのカンチャンはできるだけ避けましょう。

前へ146次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ