第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

85.ツモのリズムをチェック(約4分20秒)

東1局から3局までの序盤では、自分の手がどのように変化していくのかをチェックする事が大切です。その変化の度合いで自分の身の丈を知ることができます。

動画固定を解除する
前へ85次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 東1局から3局ぐらいまでの序盤戦は、自分がどういうツモのリズムでゲームに入っているのかをチェックする重要な時間帯でございます。ツイている日は手が動くとか、ツイてない日は手が動かないな、とかいう話があります。手が動く、動かないというのは、配牌からどういうふうに手牌が変化していっているのか。ツモが、配牌あるいは与えられている手牌、その巡目における手牌に対して変化していく、動いていく。「こんな延び方をするんだ」みたいな形になるのか、逆に、「こんなツモ」「これも要らないじゃん」みたいな形になるのか。たまに有効そうな牌を持ってくるんだけど、組み合わせができるわけじゃない、間延びしたツモ。そういうリズムに陥っているかどうかをチェックして、自分の出来というか、運気を確認していくことが大事なんです。

 手牌をご覧ください。

一萬三萬六萬七萬三筒七筒八筒三索五索赤五索七索南北中

親で配牌の手です、14枚あります。ドラは三筒。第1打を切るとしたら、南とか北とか切っていくと思うんですが、この後、この手がどう変化していくのか。

 幼稚園生じゃないんですから、穴埋め問題をしちゃ駄目ですよ。八萬九筒四索六索が入ってくるような変化。三筒がドラなので、三筒も引いてきてドラ頭になっちゃえ。そんな話じゃないですね。

 ここでチェックしなさいと言っているのは、以下で説明する牌です。索子であれば三索七索に、八索を引いてくるのか二索を引いてくるのか、あるいはドラの三筒にドラ表示牌の二筒を引いて一筒四筒の形になるのか、四筒を引いてドラ表示牌の筋の二筒五筒待つ形になるのか、これは大きな違いです。一筒四筒待ちの形のほうが断然に和了りやすいですね。四筒の方はタンヤオになるんですけど、苦しい。三筒三筒になったら最高じゃないですか。あとは、一萬三萬のところ。四萬がすんなり来てくれれば御の字。三萬が来てしまっても頭として使うかな。もっと悪いのは、一萬が来ちゃってタンヤオが崩れる。頭には使えるけどタンヤオが崩れるみたいな、関連する牌のツモの動き方を見る。

 理想は、八索を引いて、三筒が頭になって、四索を引いて、六筒まで引いてきて、六索を引いてテンパイする。

六萬七萬三筒三筒六筒七筒八筒三索四索赤五索六索七索八索

タンヤオ、平和、三色、ドラ3。八萬をツモってきたら倍満。

 これが理想なんですが、そんなにうまい話がいつもいつもあるわけじゃないけれども、どれぐらい手が変化していくのかなということをチェックすることが大事なんですよという話。その変化の度合いで、自分の身の丈というか運気が、高い方かな、普通くらいかな、かなり低いかな、という判断を東1局から東3局までにしましょうねという話でございました。

前へ85次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ