第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

仕掛けの基本(土田のオカルト)

72.ペンチャンの効用(約4分10秒)

ペンチャンを利用してトイトイに結びつける打ち方について解説します。

動画固定を解除する
前へ72次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ペンチャンはご存じですね。1・2と持って3待ち、8・9と持って7待ち、といった形をペンチャンと言います。漢字では辺境の辺に張ると書きます。ペンチャンが生きてくる手牌というのがあるんです。三色や純チャンといった特定の役ということではなくて、仕掛けていく中でペンチャンが役立つという手牌があるんです。ご覧ください。

一萬一萬一萬八萬九萬二筒二筒四筒六筒西西白白

 七筒がドラです。白をポンしました。何を切りますか?七筒がドラだから、八萬ですか?九萬ですか?六筒切るなら大したもんです。トイトイという役をご存じですね。ポン、ポン、ポンしていく役。トイトイを狙うときにはペンチャンが役立つんです。ペンチャンは、トイトイの卵なんです。端に寄った八萬九萬あるいは一萬二萬でもいいです。それらを持って、白をポンして六筒切るんです。八萬九萬の重なりを待つわけです。八萬をツモって四筒を打って、西をポンして、九萬を切って、トイトイの仕上がりと。

一萬一萬一萬八萬八萬二筒二筒西西西白白白

 もしくは、白をポンして、六筒を切って、西ポンして、四筒を切って、

一萬一萬一萬八萬九萬二筒二筒西西西白白白

ペン七萬でいったんテンパイに入っていますが、ここに八萬九萬を引いてきてトイトイになったり、あるいは二筒をポンして、九萬単騎のトイトイになったりということで、トイトイとペンチャンは非常に仲が良い関係なんです。一時的にペンチャンという不自由な形に見えても、重なりを期待しやすい。

 端に寄った牌は、中盤以降、7巡目、8巡目、9巡目、対子になってくれる可能性が高い牌なんです。なぜかというと、端のほうの牌は要らないと思って処理されていることが多いですが、それらが処理されてない、場に見えてこないということは、山に残っている可能性が結構高い。ペンチャンを利用しながらトイトイへ導いていくという打ち方を仕掛けた場合、特に役牌をポンして仕掛けていった場合に、ペンチャン塔子を持っていたら、トイトイの卵じゃないかということで大事にしながら、そこを育てて、対子を増やしていって、トイトイに結びつける。という打ち方を1つ覚えていただきたいなと思います。

前へ72次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ