第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田のオカルト

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

99.親番の心得(約3分30秒)

親という意識を持たないことが最も大切な親番の心得です。

動画固定を解除する
前へ99次へ

土田のオカルト

ゲーム全体の概略(土田のオカルト)

オカルトの基本(土田のオカルト)

シュンツの作り方(土田のオカルト)

トイツの作り方(土田のオカルト)

序盤の思考(土田のオカルト)

中盤の思考(土田のオカルト)

終盤の思考(土田のオカルト)

字牌の扱い方(土田のオカルト)

リーチのかけ方(土田のオカルト)

ダマ聴(ダマテン)に構える手とは?(土田のオカルト)

仕掛けの基本(土田のオカルト)

リーチへの対応(土田のオカルト)

開局~東3局の思考(土田のオカルト)

東4局~南2局の思考(土田のオカルト)

ラス前~オーラスの思考(土田のオカルト)

ドラの取捨について(土田のオカルト)

七対子の奥義(土田のオカルト)

赤入り麻雀について(土田のオカルト)

強くなるために(土田のオカルト)

ピンフの作り方(土田のオカルト)

一色手の作り方(土田のオカルト)

点棒が無いとき〔▲1万点下〕の心得(土田のオカルト)

カンを考える(土田のオカルト)

運の育て方(土田のオカルト)

 ラス前やオーラスを迎えたときの親番では、親という意識を持たないことが最も大切な心得です。親と子で差をつけると、ゆがんだ発想が生まれてしまいます。

 連荘は大きな和了りにつながると考える人がいますが、正しい連荘かどうかは和了形で分かります。身の丈に合った、大局観に導かれた和了り方が大切です。違和感がある和了をすると、次の局で親かぶりする確率が高くなります。

 ラス前やオーラスで、トップ目の親番は楽をしてはいけません。工夫や努力の積み重ねが次につながります。また、危険な領域に入っていくことを恐れずに、心を強く持って前に進んでください。ただし、無謀や暴牌とは違います。

 ラス目の親番はあがかないでください。安易に鳴くと場が乱れるだけです。親番が終わってもいいです。連荘は大切ですが、持ち点に振り回されるような心得は持たないでください。

前へ99次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ